ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 行財政改革 > 高岡市公共施設再編計画

ここから本文です。

更新日:2018年4月18日

高岡市公共施設再編計画

高岡市公共施設再編計画について

本市では、これまで人口の増加や住民ニーズなどに応じて公共施設を整備してきましたが、現在、これらの施設の老朽化が進行しています。今後、人口減少や少子高齢化が進行し、市税収入の伸び悩み、扶助費等の増大などにより、厳しい財政運営を強いられることが見込まれる中、近い将来、老朽化した施設に対する多額の改修・更新費用が必要となることが見込まれます。

とりわけ近年は、北陸新幹線開業にあわせて必要な都市基盤整備を行うとともに、総合計画に基づき、コミュニティセンター、高岡西部総合運動公園、高岡御車山会館などの施設整備を着実に実行してきた結果、施設管理費が増嵩しています。スクラップ&ビルドや指定管理者制度の活用などにより、コスト削減に努めているものの、更なる施設管理費の抑制が課題となっています。

このため、本市では、公共施設の総合的かつ計画的な管理を進めるため、2016年3月に「高岡市公共施設等総合管理計画(以下「管理計画」という。)」を策定し、公共施設マネジメントの基本方針を「施設総量の適正化」「長寿命化の推進」「施設の有効活用」と定めました。さらに、2017年3月には、公共施設の総延床面積を20年間(2016年度~2035年度)で15%(99,059.35㎡)削減するという数値目標を掲げたところです。

この目標は、今後の人口動向や地域社会の変化を見直し、本市が将来に向かって持続可能な都市構造を確立する点で必要不可欠なものであり、その達成を図るため、公共施設マネジメントを強力に推進していく必要があります。このため、個々の施設の集約化、複合化、譲渡、廃止、コスト削減など、今後の具体的な方向性の指針となる「高岡市公共施設再編計画(以下「再編計画」という。)」を策定しました。

個々の施設の今後の方向性について

計画では、再編の実施基準に基づき、個々の施設を「計画性」「合理性」「必然性」「安全性」「必要性」「効率性」の6つの評価ポイントから定性・定量的に評価し、今後の方向性を判定しています。373施設のうち、判定により床面積の削減対象となる110施設の判定内容については以下の通りです。

市民説明会の開催について

高岡市公共施設再編計画(素案)及び財政健全化緊急プログラムに関する市民説明会を開催しました。 

開催日 開催場所 参加者数 会議録
1月15日(月曜) 戸出コミュニティセンター 108人 会議録(PDF:365KB)
1月22日(月曜) 伏木コミュニティセンター 213人 会議録(PDF:407KB)
1月26日(金曜) ふくおか総合文化センター(Uホール) 209人 会議録(PDF:458KB)
1月28日(日曜) 高岡市役所 215人 会議録(PDF:487KB)
1月29日(月曜) ふれあい福祉センター 172人 会議録(PDF:447KB)

 

皆様からいただきましたご意見、ご提言については、今後の市政運営の参考とさせていただきます。

パブリックコメントの実施について

高岡市公共施設再編計画(素案)に関する意見を募集しました。

募集期間

平成29年12月5日(火曜)~平成29年12月25日(月曜)

※募集は終了しました

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部人事課 担当名:経営管理室

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1228

ファックス:0766-20-1699