ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

申込み時に必要なもの

  1.  教育・保育給付認定申請書兼入園申込書(児童1人につき1枚必要)
  2. 保育を必要とする理由の証明書(父、母両方の書類が必要)
    ※保育園・認定こども園保育園部を希望する方のみ
  3. 保育料及び副食費の決定に必要な書類 (下記【保育料及び副食費の決定に必要な書類】に該当する方)
  4. 在留カードの写し(外国籍の方のみ)
  5. 個人番号(マイナンバー)申告書及び添付書類(新規入園児童のみ)

【保育を必要とする理由の証明書のダウンロード】

【保育を必要とする理由の証明書】

区分

提出書類等

企業や法人、官公庁などに雇用されている方

(正規、パート等の雇用区分を問いません。)

 

下請けの内職をしている方

就労証明書

※申し込み時に採用予定である場合は、入所後2か月以内、採用・勤務を証明するもの(給与明細など)を提出

自営業に従事している方、または家族(自営業主)の事業の専従労働者となっている方

 

 

自営で内職をしている場合

 

自営業就労申立書

(法人組織であれば自営業でも就労証明書を提出)

農業や漁業等に従事している方

農業等就労申立書

出産を控えているか、または出産後まもない方

  • 疾病・出産等申立書
  • 母子手帳の写し(該当の方のみ提出)

本人が疾病または心身障がいを有する方

 

 

病人や心身障がい者の介護をしている方

 

  • 疾病・出産等申立書
  • 診断書(症状等により保育が必要な旨を明記してあるもの)

学生等の方

  • 通学証明書
  • 在学証明書
  • 学生証の写し
求職中、起業準備中の方

ハローワークカード、起業中であることを証明する書類の写し

上記以外の事由で保育ができない場合

その事由を証明するもの及び申立書

※診断書には、治癒見込み及び療養に必要な期間を明記してもらってください。慢性的なもの、療養が長期にわたるものはその旨を明記してもらってください。

※上記の就労証明書及び各申立書は証明の日付より3ヶ月間有効です。期限を過ぎた場合は再度取り直していただきます。


 【保育料及び副食費の決定に必要な書類】

区分

提出書類等

平成31年1月1日より前から継続して高岡市に住民票のある方

書類を提出する必要はありません。

※ただし以下に当てはまる場合は別途手続きが必要になります。

 

  • 税金の申告をしていない方(配偶者控除など、税法上の扶養に入っている方は除く)

⇒高岡市役所2階市民税課で市民税の相談・申告をし、

その控えの写しを提出してください。

 

  • 1号認定及び3~5歳児の児童の保護者で高岡市以外に住民税を納めている方(住民登録外課税)

⇒住民税を納めている市町村で課税証明書

もしくは非課税証明書をとって提出してください。

<令和元年9月~3月入所>

平成31年度課税証明書の写し

<令和2年4月~8月入所>

平成31年度課税証明書の写し

<令和2年9月以降入所>

令和2年度課税証明書の写し

 

1号認定及び3~5歳児の児童の保護者で以下に該当する方

 

  • 平成31年1月1日以降に高岡市に住民票を移された方

 

  • 平成31年1月1日時点では高岡市に住民票があったが、その後転出されたことのある方

 

平成31年度課税証明書もしくは非課税証明書の写し(父母両方必要です)

平成31年1月1日に住民票があった市町村で発行してく

ださい。

 

※令和2年1月1日時点で住民票が高岡市にない場合は令和2年6月以降に次の書類も提出してください。

令和2年度課税証明書もしくは非課税証明書の写し(父母両方必要です)

令和2年1月1日に住民票があった市町村で発行してく

ださい。

 

海外勤務等で日本で課税されていない方

<令和元年9月~3月入所>

平成30年1年間の収入と控除額がわかる書類 

<令和2年4月~8月申入所>

平成30年1年間の収入と控除額がわかる書類

<令和2年9月以降入所>

平成31年1年間の収入と控除額がわかる書類

 

※日本円に換算したものでお願いします。

お問い合わせ

福祉保健部子ども・子育て課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1377

ファックス:0766-20-1665