ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 医療費助成 > 不妊治療費助成

ここから本文です。

更新日:2022年6月17日

不妊治療費助成(令和3年度の経過措置)

高岡市では、特定不妊治療(体外受精または顕微授精)を受けている夫婦等の経済的負担の軽減を図るため、不妊治療に要する医療費の一部を助成しています。

こちらは、令和3年度の経過措置(令和4年3月31日以前に治療を開始し、4月1日以降に終了したもの)に関するページです。

令和4年度からの新制度(令和4年4月1日以降に治療を開始したもの)についてはこちら

助成対象者

以下の(1)~(3)いずれにも該当する場合に助成します。

  • (1)申請完了日時点で、夫婦等の双方またはいずれかが市内に1年以上居住している、または1年以上居住する見込みであること。(治療終了日及び申請完了日に市内に住所を有すること)
  • (2)指定医療機関で保険診療以外の特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を受けていること。
  • (3)富山県の特定不妊治療費助成の決定を受けていること。
  • (4)治療期間の初日における妻の年齢が42歳以下であること。
  • (5)対象者及び同一世帯の家族が市税を滞納していないこと。  

※令和4年3月31日以前に治療を開始し、令和4年4月1日以降に治療が終了した方が助成対象です。

※原則、法律婚を対象としますが、生まれてくる子の福祉に配慮しながら、事実婚関係にある方も対象とします。

助成額と助成回数

対象となる費用から、7万5千円を上限とし助成します。

制度改正の経過処置として、1回のみ助成します。

助成方法

令和5年3月31日までに必要書類を添えて申請してください。

書類審査のうえ、申請された方の口座に助成金を振り込みます。

必要書類

・高岡市特定・男性不妊治療費助成金交付申請書

・富山県の特定不妊治療費助成承認決定通知書の写し

・富山県の特定不妊治療費助成事業受診証明書の写し

・医療機関の領収書、明細書の原本  ※申請にかかる治療費に係るものすべて

・振込口座の通帳の写し  ※申請者名義の口座

男性不妊治療費助成について

特定不妊治療の一環として、精子を取り出す手術を受け、富山県の男性不妊治療費助成の決定を受けた場合、対象の費用から県の助成額を控除した額に対し、7万5千円まで助成します。

 

お問い合わせ

福祉保健部子ども・子育て課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1381

ファックス:0766-20-1665