文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

重度心身障害者等医療費助成

障がい程度と年齢区分により、医療費(保険診療分)の自己負担分が助成されます。

世帯の前年合計所得金額を合わせた額が1,000万円未満の人が対象となります。事前に受給資格証の交付を受けてください。

助成内容

対象者

対象年齢

助成額

  • 身体障がい者手帳1・2級
  • 療育手帳A

〔重度〕

(制限なし)

  • 0歳~64歳
    自己負担分を全額助成します。
  • 65歳以上
    医療機関で支払われた保険内診療分の一部負担分を還付します。

(※2)

  • 国民年金法等による障がい年金
    1級
  • 精神障がい者保健福祉手帳
    1級

〔重度〕

65歳以上

医療機関で支払われた保険内診療分の一部負担分を還付します。

  • 身体障がい者手帳
    3級と4級の一部(※1)
  • 国民年金法等による障がい年金2級
  • 精神障がい者保健福祉手帳2級

〔中度〕

65歳以上

  • 一般所得者
    保険内診療分の一部負担金を還付します。(※2)
  • 現役並み所得者
    本人負担額から高齢者医療確保法により算定した額に100分の10を乗じて得た額に相当する額を控除し還付します。(※2)
  • 身体障がい者手帳
    上記以外の4級~6級
  • 療育手帳B

〔軽度〕

65歳から

69歳まで

  • 一般所得者
    自己負担分の内、1割助成します。
    (医療機関等で2割分を支払ってください。)

※H26年7月31日受診分までは医療機関での窓口負担は1割です。

  • 現役並み所得者
    医療費助成はありません。(※3)

※1

  • 音声または言語機能の著しい障がい
  • 両下肢のすべての指を欠くもの
  • 一下肢を下腿の2分の1以上欠くもの
  • 一下肢の機能の著しい障がい

※2後期高齢者医療被保険者であること

※3高額の医療費の支払いをされた場合、医療助成が発生する場合があります。詳しくはお問い合わせください。

受給資格証交付申請に必要なもの

  • 身体障がい者手帳もしくは療育手帳または、精神障がい者保健福祉手帳
    (国民年金法等による障がい年金1・2級受給者は障がい年金証書)
  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 後期高齢者医療の保険証(65歳以上で障がい程度〔重度〕〔中度〕の人)
  • 世帯の前年の合計所得金額を証明できるもの
  • 障がい者本人名義の通帳(65歳以上で障がい程度〔重度〕〔中度〕の人)

問合せ先

社会福祉課(市役所本庁舎)Tel:20-1369

市民生活課(福岡健康福祉センター)Tel:64-1433

お問い合わせ

福祉保健部社会福祉課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1366

ファックス:0766-20-1371