ホーム > 健康・福祉 > 地域・生活福祉 > 地域福祉のあり方に関する報告書について

ここから本文です。

更新日:2019年3月19日

地域福祉のあり方に関する報告書について

地域福祉のあり方に関する報告書について

~地域力を維持し、発展していくためのやり方の検討~

1.検討の背景

本市では、市内全27地区を高岡あっかり福祉ネットに指定し、地域における支え合い事業に取り組んでいます。

今日、少子高齢化や人口減少が一層進行するとともに、住民のライフスタイルの多様化等に伴い、地域福祉を取り巻く環境が大きく変化しています。

このため、地域福祉を取り巻く現状や今後の見通しを踏まえた福祉機能や地域福祉の方向性を検討するため、高岡市福祉のまちづくり推進委員会に専門部会を設置し、審議・検討を行い、その内容を取りまとめました。

2.取りまとめ経過

〇高岡市福祉のまちづくり推進委員会地域福祉のあり方検討部会

【平成30年8月23日】第1回

部会長及び副部会長選出

協議事項(高岡市の地域福祉を取り巻く環境、福祉機能に視点を置いた仕組みの再構築について)

【平成30年10月19日】第2回

協議事項(地域福祉を支える地域の人材、地域における福祉機能に視点を置いたサービスの展開について)

【平成30年11月30日】第3回

協議事項(地域福祉のあり方に関する報告書(案)について)

 

〇高岡市福祉のまちづくり推進委員会

【平成31年2月12日】

協議事項(地域福祉のあり方に関する報告書(案)について)

【平成31年3月7日】

会長(富山短期大学宮田学長)から市長に報告書の提出

3.報告書の内容

地域福祉のあり方に関する報告書(ワード:1,238KB)

地域福祉のあり方に関する報告書(PDF:2,354KB)

4.今後の進め方

(1)行政の役割

地域特有の課題に対応するため地域の状況を示すデータを提示

地域での活動を進めるための手順書を作成

各地域のモデル事例の紹介

(2)行政、市社会福祉協議会、住民等との連携

地域でのワークショップの開催

支える人材の創出、地域の拠点となる場の検討

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部社会福祉課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1366

ファックス:0766-20-1371