ホーム > 産業・まちづくり > 高速道路・道路・河川 > 能越自動車道(国道470号)

ここから本文です。

更新日:2019年3月8日

能越自動車道(国道470号)

/douro/sangyo/doro/kosoku/images/h-1_000719133438.jpg

能越自動車道は、北陸自動車道や東海北陸自動車道などとともに、自動車の高速交通の確保を図るため必要な道路で、全国的な自動車交通網を構成する自動車専用道路の1路線として、国の高規格幹線道路網計画に位置付けられていますが、整備体系上は、高速自動車国道ではなく、「一般国道の自動車専用道路」となっています。
能越自動車道は、小矢部砺波ジャンクションから石川県輪島市までを結び、延長は約117kmです。北陸自動車道、東海北陸自動車道と連結し、富山県西部及び能登地域と、三大都市圏との高速交通体系を確立するとともに、地域内の物流拠点を結ぶことで産業の振興を促し、主要な観光地を周遊する広域観光ルートを形成することで人、物、情報の動きを活発にするなど地域間の連結を強化し、地域の発展に寄与することが期待される重要な道路です。

主な動き

  • 小矢部砺波ジャンクション~福岡インターチェンジ(6.9km)平成8年3月供用開始
  • 福岡インターチェンジ~高岡インターチェンジ(6.8km)平成12年7月供用開始
  • 高岡インターチェンジ~高岡北インターチェンジ(4.5km)平成16年6月供用開始
  • 高岡北インターチェンジ~氷見インターチェンジ(11.2km)平成19年4月供用開始
  • 氷見インターチェンジ~氷見北インターチェンジ(2.8km)平成21年10月供用開始
  • 氷見北インターチェンジ~灘浦インターチェンジ(5.7km)平成24年3月供用開始
  • 七尾大泊インターチェンジ~七尾城山インターチェンジ(9.3km)平成25年3月供用開始
  • 灘浦インターチェンジ~七尾大泊インターチェンジ(7.1km)平成27年2月供用開始
  • 七尾城山インターチェンジ~七尾インターチェンジ(3.2km)平成27年2月供用開始

能越自動車道の料金変更について

富山県道路公社が管理している能越自動車道の小矢部砺波JCT~高岡ICについて、平成30年6月20日(水曜日)午前0時から、福岡本線料金所を廃止し、小矢部東本線料金所で一括して料金徴収を行う全区間均一料金に変更しました。

詳しくは、関連ファイルおよび富山県道路公社(外部サイトへリンク)ホームページをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市創造部道路整備課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-30-7302

ファックス:0766-30-7284