文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 文化事業 > 高岡万葉遊楽宴・大伴家持生誕1300年記念事業 > 大伴家持生誕1300年記念イベント「高校生万葉短歌バトル2017」

ここから本文です。

更新日:2018年4月20日

大伴家持生誕1300年記念イベント「高校生万葉短歌バトル2017」

大伴家持が生誕1300年を迎えることを記念したイベントとして、全国の高校生によるチーム対抗短歌大会の第2弾を高岡市で開催しました。

平安時代から伝わる「歌合(うたあわせ」のルールを用いたトーナメント方式で進め、古式をたどり雅な趣きにふれながら、高校短歌の日本一を決するイベントです。

公式ホームページ「高校生万葉短歌バトルin高岡」(外部サイトへリンク)

予選

題材は自由(未発表の自作短歌)

1チーム3人6首応募(1人2首作成)

参加資格

全国の高校生(1校複数チーム応募可能、本戦参加は1校1チーム)

審査

富山県歌人連盟、実行委員会で行い予選通過8チームを決定。

本戦

 日時

2017年8月7日(月曜日)午後1時00分から

※前日6日(日)は二上まなび交流館に宿泊。大会トーナメント抽選・交流会を実施。 

会場

高岡市生涯学習センターホール(ウイング・ウイング高岡4階)

〒933-0023富山県高岡市末広町1-7

TEL07660-20-1800

 バトルルール

予選を通過した優秀校8チームに本戦の「題」を通知します。

1チーム(3人)の「トーナメント戦」。先鋒戦、中堅戦、大将戦で勝敗を決めます。

交互に自作の短歌を朗誦、批評しあい、プロの歌人たちによる判者(審判)が勝敗を判定。

2勝以上のチームの勝利となります。

審査

本戦判者

佐佐木幸綱(歌人・早稲田大学名誉教授)、小島ゆかり(歌人)、坂本信幸(高岡市万葉歴史館館長)

発表

北日本新聞紙上やウェブサイトなどに掲載

表彰

優勝校、準優勝校、最優秀作品賞等

結果

公式ホームページ「高校生万葉短歌バトルin高岡」(外部サイトへリンク)

サイト内ページ「前回結果」よりご確認ください。

その他 

  • 本戦前日にトーナメント抽選を行います。
  • 観客は入場無料。
    また、ケーブルテレビやインターネット動画サイトでの生放送も行います。
  • 参加費は無料。
  • 本戦に出場する富山県外からの参加校には、主要駅から高岡市までの参加高校生3名分の交通費全額補助します。
  • 事業は1泊2日で開催し、前日には大伴家持ゆかりの場所を巡るバスツアーを予定。本戦出場校は二上まなび交流館(富山県高岡市二上20-1 TEL:0766-21-0001)に宿泊し、組み合わせ抽選・交流会を行います。交流会には判者の先生方もご参加予定です。
  • 応募作品の著作権は主催者に帰属します。本大会への応募作の他の公募型コンクールへの応募は不可とします。
  • 応募作品や本戦風景は北日本新聞紙上やウェブサイトなどで公開することがあります。

お問い合わせ

高校生万葉短歌バトル高岡実行委員会事務局(北日本新聞社高岡支社事業部内)

〒933-0911富山県高岡市あわら町13-50

TEL:0766-22-2226 FAX:766-25-7775


 

お問い合わせ

市長政策部文化創造課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1452

ファックス:0766-30-7299