ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 文化事業 > 第4回高校生万葉短歌バトルin高岡

ここから本文です。

更新日:2019年8月16日

第4回高校生万葉短歌バトルin高岡

万葉のふるさと高岡で、高校生によるチーム対抗短歌大会を開催します。全国から厳しい予選を勝ち抜いた8校8チームの高校生が、高岡に集結します。本戦は古代から伝わる「歌合(うたあわせ)」のルールを用いたトーナメント方式で進め、古式をたどり雅な趣にふれながら、高校生短歌日本一を決します。自チームの歌を褒め、相手チームの歌を批評する熱いバトルも大会のみどころです。本戦は観覧無料なので、ぜひ会場で熱戦をご覧ください。また、今回は来場者にも短歌を投稿していただく、新企画を実施します(優秀作品は表彰あり)。

logo2(外部サイトへリンク)

banner(JPG:196KB)

予選

題材は自由(未発表の自作短歌)

1チーム3人6首応募(1人2首作成)

参加資格

全国の高校生(1校複数チーム応募可能。本戦参加は原則1校1チーム)

応募方法

公式ホームページの応募要項から応募用紙をダウンロードし、必要事項と作品を書いて応募先へ郵送またはFAXでご応募ください。

応募先

〒933-0911富山県高岡市あわら町13-50

北日本新聞社西部本社「高校生万葉短歌バトル」係

FAX:0766-25-7775

応募締切

2019年6月13日(木曜日)必着

審査

富山県歌人連盟、実行委員会で行い、予選通過8チームを決定します。

7月上旬までに該当チームへ連絡します。

本戦

日時

2019年8月23日(金曜日)午前11時00分から

※前日22日(木曜日)に組み合わせ抽選・交流会を実施。

会場

高岡市生涯学習センターホール(ウイング・ウイング高岡4階)

〒933-0023富山県高岡市末広町1-7

TEL:0766-20-1800

観覧料

無料

バトルルール

本戦当日は1チーム(3人)の「トーナメント戦」。先鋒戦、中堅戦、大将戦で勝敗を決めます。

交互に自作の短歌を朗誦、批評しあい、プロの歌人たちによる判者(審判)が勝敗を判定。

2勝以上のチームの勝利となります。

出場校

富山県立高岡工芸高校 美女と野獣

東京学館新潟高校 東京学館新潟高等学校書道コース

埼玉県立所沢高校 所沢高校文芸部

富山県立富山中部高校 たかゆくや

福岡女学院高校(福岡県) 福岡女学院高校チームB

星野高校(埼玉県) 星野高等学校A

宮崎県立宮崎南高校 宮崎南ひなた女子会

岩手県立盛岡第三高校 チームおおとり

審査

本戦判者

佐佐木幸綱(歌人・早稲田大学名誉教授)、小島ゆかり(歌人)、坂本信幸(高岡市万葉歴史館館長)

表彰

優勝校、準優勝校、最優秀作品賞等

来場者短歌コンテスト

当日来場者から短歌作品を募集します(優秀者表彰あり)

ホワイエでの展示

こしのくに国府”文学・絵はがき”作品

高岡の歴史文化に親しむ日 中学生短歌優秀作品

前回結果

公式ホームページ「高校生万葉短歌バトルin高岡」(外部サイトへリンク)

サイト内ページ「前回結果」よりご確認ください。

その他

  • 本戦に出場する富山県外からの参加校には、主要駅から高岡市までの参加高校生3名分の交通費全額補助します。
  • 事業は1泊2日で開催。前日には組み合わせ抽選・交流会を行います。交流会には判者の先生方もご参加予定です。
  • 応募作品の著作権は主催者に帰属します。本大会への応募作の他の公募型コンクールへの応募は不可とします。
  • 応募作品や本戦風景は北日本新聞紙上やウェブサイト、高岡市庁舎、万葉まつり会場などで公開することがあります。

お問い合わせ

市長政策部文化創造課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1452

ファックス:0766-30-7299