ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 文化事業 > 高岡市芸術文化シンポジウム

ここから本文です。

更新日:2018年11月22日

「アーティストと紡ぐ高岡の未来」高岡市芸術文化シンポジウム&第200回記念「TAKAOKA西へ東へ。パープルおでかけサロンコンサート」

 「アーティストと紡ぐ高岡の未来」高岡市芸術文化シンポジウム

アーティストが地域住民と共に芸術文化活動に取り組むことで、地域の持つポテンシャル・魅力をアートの視点から引き出すことができるのではないでしょうか。他市の事例も参考としながら芸術文化の力によるひとづくり・まちづくりについて考えます。

chirashi1

入場無料!

 チラシダウンロード(PDF:1,628KB)

とき

平成30年11月24日(土)午後1時30分から午後3時50分まで(開場は午後1時) 

ところ

高岡市生涯学習センターホール(ウイング・ウイング高岡4階)

内容

事例発表

事例発表者 

青森県八戸市まちづくり文化推進室主事県学芸員 大澤苑美(おおさわ そのみ)さん

osawa

プロフィール

東京藝術大学大学院修了。2008年から2011年に(一財)地域創造に勤務、「公共ホール現代ダンス活性化事業(ダン活)」を担当。2011年より八戸市にて、南郷アートプロジェクト、八戸工場大学といったアートプロジェクトの企画運営のほか、八戸市新美術館準備など八戸市の文化行政を担う。

ディスカッション

スピーカー

青森県八戸市まちづくり文化推進室主事県学芸員 大澤苑美さん

高岡市長 高橋正樹

モデレーター

(公財)高岡市民文化振興事業団事務局エグゼクティブ・プロデューサー 山本 広志さん

スケジュール

午後1時30分 開会、事例発表

午後1時50分 ディスカッション

10分間休憩

午後2時40分 サロンコンサート

午後3時50分 閉会

第200回記念TAKAOKA西へ東へ。パープルおでかけサロンコンサート~高岡第九ソリストを迎えて-あの感動を再び-~

高岡市民会館ホールサポーターの会「パープル」は、2000年4月に市民の憩いの場である古城公園に立地する高岡市民会館を愛する市民会集まり発足しました。発足当時から継続している、入場無料で気軽に楽しめる「サロンコンサート」は、今回で200回目の節目を迎えます。第200回記念のサロンコンサートは「TAKAOKA西へ東へ。パープルおでかけサロンコンサート~-高岡第九ソリストを迎えて-あの感動を再び~」と題して、10月に開催された「第4回みんなで歌おう1000人の高岡第九」公演に華を添えた高岡ゆかりの声楽家4人を迎え開催します。

chirashi2

入場無料!

 チラシダウンロード(PDF:1,628KB)

とき

平成30年11月24日(土)午後2時40分から午後3時50分

ところ

高岡市生涯学習センターホール(ウイング・ウイング高岡4階)

出演

西浦由佳里(ソプラノ)

武部薫(アルト)

古村勇樹(テノール)

渡辺洋輔(バリトン)

般若葉月(ピアノ)

松村沙織里(ピアノ)

曲目

・シューベルト作曲/ます

・シューベルト作曲/セレナード

・ガスタルトン作曲/禁じられた歌

・シュトラウス作曲/献呈

・プッチーニ作曲/歌劇『トスカ』より 歌に生き愛に生き

・ヴェルディ作曲/歌劇『リゴレット』より あれかこれか

・ヴェルディ作曲/歌劇『リゴレット』より 悪魔め鬼め ほか

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長政策部文化創造課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1452

ファックス:0766-30-7299