ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 日本遺産 > マンガとクイズでばっちりわかる高岡市の日本遺産(小中学生の皆さんへ)

ここから本文です。

更新日:2020年5月1日

マンガとクイズでばっちりわかる高岡市の日本遺産(小中学生の皆さんへ)

日本遺産(にほんいさん)って何?

nihonisan

日本遺産(にほんいさん)とは、地域の歴史や文化の魅力をわかりやすく伝える「ストーリー(お話)」を、国(文化庁)が認定(にんてい)したものです。建物やお祭りなどの1つ1つを認定するのではなく、地域の歴史ストーリーとしてまとめて認定することで、地域ごとの歴史のおもしろさを伝えようとするものです。2015年に始まり、これまでに全国で83のストーリーが認定されています。

高岡市には日本遺産に認定されているお話が2つもあります。

 「加賀(かが)前田家(まえだけ)ゆかりの町民文化(ちょうみんぶんか)」のお話と「北前船(きたまえぶね)」のお話です。

 

なかでも、「加賀前田家ゆかりの町民文化」のお語は、高岡の歴史のハイライトです。
瑞龍寺(ずいりゅうじ)や山町筋(やまちょうすじ)、金屋町(かなやまち)など、高岡にはステキな観光地がたくさんありますが、どういう歴史があるのか、日本遺産のお話を読むと、よくわかります。

マンガやクイズで勉強してみませんか?

マンガでわかる日本遺産

manga高岡に住む高校生「つまま」と、東京からあそびにやってきたいとこの「さくら」が、高岡の名所をめぐります。
高岡の歴史のことを聞かれてもうまく答えられない「つまま」でしたが…。

日本遺産のまち高岡今昔物語(PDF:7,789KB)

クイズでばっちり日本遺産

nihonisandoriruhyoushiイラストとクイズで、日本遺産に認定された歴史物語のポイントを、時代ごとにわかりやすく解説した冊子「高岡ふしぎ発見帖(はっけんちょう)」(全33ページ)を、ダウンロードできます。

まちがいさがしや、ミニすごろくなど、「ちょっとひとやすみ」コーナーもあります。ぜひご覧ください。

  高岡ふしぎ発見帖(全33ページ)
  HTML形式(外部サイトへリンク) 

  Flash Player形式(外部サイトへリンク)

例題1 前田利長(まえだとしなが)が高岡にお城を築(きず)いた理由は?

  1. 別荘(べっそう)
  2. 隠居後(いんきょご)の住まい
  3. 妻(つま)の住まい

例題2 明治33年に起こった高岡の大事件とは何でしょうか?

  1. 庄川(しょうがわ)のはんらん
  2. 大どろぼうが町を荒らした
  3. 大火災

例題3 高岡独自の漆(うるし)の技法(ぎほう)とは?

  1. 高岡レッドと呼ばれる真っ赤な色
  2. レンジで温めても大丈夫な器
  3. 貝類を使った装飾(そうしょく)

 

toshinaga こたえは、ふしぎ発見帖のなかに書いてあるぞ!

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長政策部文化創造課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1255

ファックス:0766-20-1644