文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ここから本文です。

更新日:2015年9月4日

大伴家持生誕1300年記念キックオフイベント 全国万葉フェスティバルin高岡2015

大伴家持は西暦718年(養老2年)に生まれたといわれており、数えで2017年(平成29年)が大伴家持生誕1300年の記念の年となります。このため、日本最古の歌集「万葉集」の編纂に中心的な役割を果たした大伴家持を顕彰し、生誕1300年を祝う記念事業を平成27年度から3箇年にわたり計画的に行います。

本年度のキックオフイベントとして「全国万葉フェスティバルin高岡2015」を開催いたします。「万葉シンポジウム」、「万葉故地交流会」、「越中万葉バスツアー」、「朗読とバイオリンが奏でる万葉劇ひとりし思へば~大伴家持・歌の旅~」といった万葉に因んだイベントを行います。

万葉シンポジウム

高岡市万葉歴史館館長・坂本信幸氏による基調講演、また全国の万葉に取り組む方々によるパネルディスカッションなどを開催し、あらためて万葉集の魅力・価値を再認識しようというものです。

日 程 平成27年10月3日(土曜日)13時30分~16時00分

基調講演 講師 坂本信幸氏(高岡市万葉歴史館館長)

パネルディスカッション テーマ「私たちはいま万葉に燃えている」

                司会 富田敏子氏(全国万葉協会会長)

万葉故地交流会

市内外から参加の万葉に取り組む方々との交流会を行います。

日程 平成27年10月3日(土曜日)19時00分~21時00分

越中万葉バスツアー

万葉に取り組む方々とともに、高岡市万葉歴史館や家持が歌に詠んだ有磯海など、越中万葉ゆかりの地をバスでたどります。参加者は潮の香の中、家持が愛した「越中万葉」の世界を満喫することができます。

日程 平成27年10月4日(日曜日)9時00分~15時30分

行程 ウィング・ウィング高岡広場前公園→内川(11橋巡り)→万葉歴史館→雨晴海岸(有磯海)→氷見海浜植物園(犬養先生揮毫歌碑)→ひみ番屋街→ウィング・ウィング高岡広場前公園

朗読とバイオリンが奏でる万葉劇 ひとりし思へば~大伴家持・歌の旅~

万葉の歌人・大伴家持にスポットをあて、家持にとっての歌、越中で223首もの多くの歌を詠んだ謎について解き明かすための、朗読とバイオリンによって奏でられる朗読劇です。

日程 平成27年10月8日(木曜日)19時00分~

場所 富山県高岡文化ホール大ホール

出演者 大伴家持:和泉元彌、坂上大嬢:本多真弓、坂上郎女:村松恭子、ホトトギス:斉藤芳、ナデシコ:今井夢子、音楽:竜馬、コーラス:高岡西高等学校合唱部

 お申込み方法

 必要事項を申込用紙にご記入のうえ、FAXまたは郵送でお申し込みください。

 大伴家持生誕1300年記念キックオフイベント「全国万葉フェスティバルin高岡2015」申込用紙(ワード:23KB)

お問い合わせ

市長政策部文化創造課 担当名:総務・文化担当

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1452

ファックス:0766-20-1644