文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ここから本文です。

更新日:2017年7月10日

大伴家持生誕1300年記念演劇大伴家持「剣に歌に、夢が翔ぶ!」出演者プロフィール

出演者プロフィール

大伴家持(おおとものやかもち):和泉元彌さん

izumi

和泉元彌(いずみもとや)

  •  1974年生まれ。和泉流十九世宗家和泉元秀の嫡男。祖父は人間国宝九世三宅藤九郎。 父のもと修行は一歳半から始まり、4歳の時「靭猿」で初舞台。9歳で狂言最高の格式を持つ「三番叟(さんばそう)」を披く。 史上最年少16歳で秘曲「釣狐(つりぎつね)」、20歳の時、大曲「花子(はなご)」を披き、二十世宗家継承者成人披露を行う。 21歳で宗家継承。和泉流宗家の自主公演、世界遺産の伊勢神宮をはじめとした神社仏閣での奉納、地方自治体主催公演、学生に向けての鑑賞教室、愛知・上海・ミラノ各万博での狂言公演、海外公演は14ヶ国30都市に及び、狂言の普及につとめる。 また、紅白歌合戦の司会(NHK)や大河ドラマ「北条時宗」主演、明治座・コマ劇場などでも座長公演など多方面で活躍。2015年は、宗家継承20年の記念の年として全国公演を行った。昨年は、和泉流の最奥秘曲・三老曲の内の一つ「比丘貞」を披き、新たな境地に。外部出演も4月に、三山ひろし奮闘公『カルテット忠臣蔵』大石内蔵助・柳沢吉保役(三越劇場他)。7月に、劇団若獅子『春秋 真田物語』豊臣秀頼役(東京・一ツ橋ホール他)。8月に、ミュージカル『TARO URASHIMA』特別出演・帝役(明治座)。 また、主演映画「さつまおごじょ」でベルリン国際フィルムメーカー映画祭短編部門最優秀主演男優賞、マドリード国際映画祭短編映画部門最優秀作品賞を受賞。映画「陽は落ちる(ひはおちる)」では、ミラン国際フィルムメーカー映画祭短編映画部門最優秀助演男優賞を受賞。主演映画「忍性」上映中。只今、Amazonプライムビデオ「ウルトラマンオーブ ジ オリジン サーガ」に出演中。 

 坂上大嬢(さかのうえのおおいらつめ):とよた真帆さん

toyota  とよた真帆(とよたまほ)

1967年東京都生まれ。学習院女子高等科在学中にモデルデビューし、1986年にアニエスbのモデルとしてパリコレクション等に出演。その後女優に転向し、1989年「愛しあってるかい!」(フジテレビ)でデビュー。以降、多数のドラマや映画、舞台等に出演。また芸術の造詣が深く、写真や絵画の個展を開いたり、京友禅の絵師として着物のデザインを手掛ける。フォトエッセイ「もふもふ猫まみれ とよたさんちのマブ猫22のハッピールール」(講談社刊)が好評を博するなど多方面で活躍。

 
 
 

坂上郎女(さかのうえのいらつめ)役:池上季実子さん

ikegami

  池上季実子(いけがみきみこ)

 1959年ニューヨーク州マンハッタン生まれ。祖父は歌舞伎役者で人間国宝の8代目・坂東三津五郎。1974年ドラマ「まぼろしのペンフレンド」(NHK)でデビュー。テレビドラマ『愛と誠』(東京12チャンネル)・『熱中時代』(日本テレビ)・『男女7人夏物語』(TBS)、NHK大河ドラマ『草燃える』『おんな太閤記』『徳川家康』『武田信玄』などに出演。1984年『陽揮楼』(東映)で第七回日本アカデミー賞主演女優賞を、1989年『華の乱』(東映)で第12回日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。その他多数の映画、ドラマ主演のほか「笑っていいとも!」(CX)などバラエティ番組、「遠山の金さん」など舞台にも出演し、多方面で活躍中。2014年には著書「向き合う力」(講談社現代新書)を出版し好評を博する。

 

 
 
 

 藤原仲麻呂(ふじわらのなかまろ)役:川野太郎さん

kawano

  川野太郎(かわのたろう)

1960年4月11日 生まれ。山口県小郡町(現山口市)出身。(株)オスカープロモーション所属。1985年NHK連続テレビ小説「澪つくし」でデビュー。翌年、「武蔵坊弁慶」で源義経を演じる。2009年の大河ドラマ『天地人』では榊原康政役、2014年『軍師官兵衛』では滝川一益役など大河ドラマに多く出演するほか、TBS「キッズ・ウォー」の父親役やテレビ朝日『料理バンザイ!』でのレポーターも長年務めた。以降、映画「千利休本覚坊遺文」や舞台「滝の白糸」に出演。出身の縁から「山口ふるさと大使」に任命されている。

 

 

 

 

 

 

大伴池主(おおとものいけぬし)役:新藤栄作さん

shindo

 新藤栄作(しんどうえいさく)

 1958年11月28日 生まれ。和歌山県出身。(株)エ・ネスト所属。学生時代に極真空手を学び、プロキックボクサーとしてデビューを果たすも「円」演劇研究所へ入所し俳優に転身。NHK朝の連続テレビ小説「心はいつもラムネ色」で主役デビュー。その後、「俺ら東京さ行ぐだ」で映画初主演デビュー、同作品で第9回日本アカデミー新人俳優賞受賞。1988年映画『敦煌』他、主な舞台は「ゆずり葉の井戸」、「悪女について」、「細雪」に出演。現在は俳優として活動する一方、アクティングラボ無現を主宰し、ニッカポッカでフェイク・シェイクスピア100分+α(アルファ)シリーズと銘打って、シェイクスピア作品に取り組み、後進の育成に尽力している。

 

 

 

 

 

 

橘諸兄(たちばなのもろえ)役:大橋吾郎さん

ohashi

 大橋吾郎(おおはしごろう)

 1956年生まれ。東京都出身。仲代達矢氏主催無名塾4期生10年在籍。現在フリー活動。デビューはNHK銀河テレビ小説「聖者が街にやって来た」でギャラクシー演技賞。翌年「おしん」の孫役。大河ドラマ「翔ぶが如く」「花の乱」「徳川慶喜」「風林火山」他。他に「國語元年」「エトロフ遥かなり」「ザ・ラスト U-ボート」「東京が戦場になった日」等。主な舞台は「イーハトーボの劇列車」「マクベス」「舞姫」「花あかり」「浅草パラダイス」「義経秘伝No1.2」「HONGANNJI」主な映画「さくら、さくら 高峰譲吉の生涯」「鬼哭」「See you海へ」等。

 

 

 

 

橘奈良麻呂(たちばなのならまろ)役:小笠原健さん

ogawasara

  小笠原健(おがさわらけん)

1986年7月16日生まれ。愛知県出身。C4所属。2012年ミュージカル『テニスの王子様』の真田弦一郎役で注目を集めその後『ラズベリーボーイ』、『鬼切丸』、『のぶニャがの野望~幸村と五輪の剣~』など主演舞台に多数出演。演技の幅も広く昨年に引続き出演をした『雪のプリンセス』ではミュージカルを、TVK系列で配信の『ヒストリーズ・ジャパン』ではコメディをとジャンルを問わず活躍中。また音楽活動にも力を入れており、6月には参加ユニットである「メンズヘラクレス」の1stミニアルバムをリリースしている。

 

 

 

 

 

 

 

みずち(家持の家来)役:本多真弓さん

honda

  本多真弓(ほんだまゆみ)

1973年6月20日生まれ。 東京都出身。(株)ヘリンボーン所属。桐朋学園短期大学芸術学部演劇学科卒業。劇団青年座研究所を経て自らプロデュース+出演の企画ユニット「クレネリZERO FACTRY」を作家、大岩真理と共に旗揚げ。主な出演作に舞台『NUDO』演出:宮田慶子、 ドラマ『相棒12 』、アニメ『オーバーマンキングゲイナー』、今秋公開予定の映画『一茶』監督:吉村芳之、主演:リリー・フランキーほか、CMナレーションでも活躍している。

 

 

 

 

 

 

 

蓮(はす)役:古村勇人さん(高岡市出身)

 furumura

古村勇人(ふるむらはやと)

1980年5月8日、富山県高岡市出身。富山県立高岡高校を経て、東京都立大学経済学部卒業。2001年「セブンアーツ 新人募集オーディション」に合格後、時代劇のトップスター・里見浩太朗の下で学びながら、2006年フジテレビ系『新・細うで繁盛記』にてデビュー。その後、TBS系『水戸黄門』、『さすらいのプラチナワゴン』、テレビ朝日系『必殺仕事人2013』、『名探偵キャサリン』、映画『次郎⻑三国志』、『さくら、さくら』、『のぼうの城』などに出演。歌唱力を活かしたディナーショーやファンイベントでも人気を集めている。

 

 

お問い合わせ

市長政策部文化創造課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1452

ファックス:0766-30-7299