文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ここから本文です。

更新日:2017年1月27日

第1回全国万葉故地サミット

第1回全国万葉故地サミット~万葉に思いをはせて~

全国の万葉ゆかりの自治体が集い、各自治体で推し進めている万葉のまちづくりの取り組みについて連携を深めるとともに、シンポジウム等の活動を通じて、万葉の魅力を全国に発信していくために、高岡市で第1回全国万葉故地サミットが開催されました。

 amaharashi

『馬並めて いざうち行かな 渋谿の 清き磯廻に 寄する波見に』大伴家持
(「渋谿の磯廻」は現在の雨晴海岸)

(うまなめて いざうちゆかな しぶたにの きよきいそみに よするなみみに)


tirasi samitto

 

チラシのダウンロード(PDF:853KB)

 

 

 

 

 

実施報告

3325

写真:【第1回全国万葉故地サミットシンポジウムの様子】

第1回全国万葉故地サミット実施報告書ダウンロード(ZIP:4,416KB) ⇐サミットやサミットの関連事業などをまとめた実施報告書をダウンロードできます。

開催日時

平成28年10月8日(土曜日)午後1時から

会場

高岡市生涯学習センター(ウイング・ウイング高岡)4階ホール

入場無料(事前申し込み不要)

内容

<第1部>

  • 13時00分~13時05分 全国万葉故地サミット開会式
  • 13時05分~13時55分 基調講演「万葉故地と日本の風土」(慶應義塾大学名誉教授 藤原 茂樹 氏)
  • 14時00分~15時15分 シンポジウム
  • 15時15分~15時20分 次期開催都市あいさつ

<第2部>

  • 15時30分~15時40分 表彰式
  • 15時40分~16時10分 万葉洋舞&邦楽公演(可西舞踊研究所、ジャポニスム振興会)
  • 16時10分~16時40分 万葉民謡民舞公演(日本民謡研究会富山県支部「華の会」)

※当日は会場にて第1回万葉故地サミット参加各自治体の名勝地などを集めた限定記念切手発売しました!

参加自治体

自治体名(県名) ゆかりの地の由来
多賀城市(宮城県) 多賀城に当時の陸奥国府と鎮守付が置かれた。家持が赴任し終えんを迎えた地と言われる。
越前市(福井県) 家持の旧知の友である大伴池主ゆかりの地。いくつもの万葉歌の舞台にもなっている。
桜井市(奈良県) 万葉集の巻頭歌を詠んだ雄略天皇の泊瀬朝倉宮(はつせあさくらのみや)があったとされる。
奈良市(奈良県) 50以上の万葉歌碑が残っており、歌碑散策マップを手に市内をめぐることができる。
益田市(島根県) 歌の聖・柿本人麻呂の終えんの地と言われており、人麻呂を奉る高津柿本神社(たかつかきのもとじんじゃ)や万葉公園がある。
明日香村(奈良県)

古代文化を楽しみ、学べる奈良県立万葉文化館がある。万葉時代にはたくさんの都があった。

氷見市(富山県) 十二町潟、田子浦藤波神社、布施の円山など、家持が毎年訪れた布勢の水海の面影が残る。
小矢部市(富山県) 家持が鵜飼を楽しんだとも言われる小撫川や倶利伽羅越えの源平ライン沿いに万葉公園がある。
射水市(富山県) あゆの風が歌われた奈呉(新湊)地区には、大伴氏を先祖として奉る放生津八幡宮がある。


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長政策部文化創造課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1255

ファックス:0766-30-7299