ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 文化事業 > 令和・万葉・高岡ロゴマーク(フリー素材)を作成しました

ここから本文です。

更新日:2019年8月19日

令和・万葉・高岡ロゴマーク(フリー素材)を作成しました

令和の典拠となった万葉集の梅花の歌にちなんで、梅の花に二上山と射水川(現在の小矢部川)を描き、いにしえより、そして令和の今も、感動を与え続ける高岡の美しい情景を表現しました。

越中の国守として赴任した大伴家持の心を動かした二上山と射水川は、家持が詠んだ歌とともに、今も高岡の四季を彩り、高岡の大地を潤しています。

万葉のふるさと高岡のPRのため、ぜひご利用ください。

なお、ご利用にあたっては、利用規約とデザインマニュアルを順守してください。

reiwamanyoulogo_large ロゴマーク大(文字あり)(JPG:1,379KB)
reiwamanyoulogo_largesimple ロゴマーク大(文字なし)(JPG:668KB)
reiwamanyoulogo_small ロゴマーク小(文字あり)(JPG:65KB)
reiwamanyoulogo_smallsimple ロゴマーク小(文字なし)(JPG:30KB)

 

デザインマニュアル

こちらからダウンロード(PDF:1,931KB)してご確認ください。

利用規約

使用について

  • 本ウェブサイトに収録されている画像データについては、万葉のふるさと高岡の観光PRや魅力発信の目的において、無償でご利用いただけます。
  • 使用の際はデザインマニュアルを正しくご理解のうえ、ご使用ください。

※なお、商品製作、雑誌等で使用された場合は、完成品を1部ご恵送いただけると幸いです。

禁止事項

  1. 本ウェブサイトに収録されている画像データを賃貸目的に使用すること、また、収録されている画像データ(ダウンロード画像を含む)をコピーして第三者に販売、または譲渡することを禁じます。
  2. 本ウェブサイトに収録している画像データを利用することにより、不正・誤解を招いたり、または名誉を毀損する行為、もしくは公序良俗に反する行為を禁止します。
  3. この条項のいずれかに違反した場合、または、本ウェブサイトの作成目的と異なる使用をした場合、高岡市はその使用を差し止めることができます。
  4. 前項の規定により使用を差し止めたことによって使用者が損失を受けることがあっても、高岡市はその補償の責めを負いません。
  5. 使用者は、本ウェブサイトに収録している画像を使用した商品等の瑕疵により第三者に損害を与えた場合は、これに対し全責任を負い、高岡市に迷惑が及ばないよう処理しなくてはなりません。
  6. 使用者が、本ウェブサイトに収録している画像の使用に際して、故意または過失により高岡市に損害を与えた場合、これによって生じた損害を高岡市に賠償しなくてはなりません。

著作権について

  • 本ウェブサイトの画像データについては、著作権その他の知的財産権を利用者に譲渡するものではありません。これらの権利はすべて高岡市に留保されており、著作権法及び著作権に関する国際法によって保護されています。

ロゴマークの構成要素について

  • 二上山
    「二上山」は、その名のとおり2つの峰(東峰、西峰)をもつ山でした。 西峰は室町時代に守山城が築かれたため削られており、現在は、見る角度によっては「二上」に見えませんが、家持が見ていた二上山をイメージしてマークに採用しました。家持はこの山を題材にした多くの歌を詠んでいます。
    「玉くしげ 二上山に 鳴く鳥の 声の恋しき 時は来にけり」(巻17-3987・大伴家持)
  • 小矢部川
    家持のいたころ射水河(いみずがわ)と呼ばれていた、現在の小矢部川を採用しました。
    当時、越中国庁(家持の働いていた、現在の県庁のような組織)はこの川の河口に近い高台にありました。
    家持が暮らしていた場所(現在の伏木測候所)もこの高台の端にあったと推定されています。
    「朝床に 聞けば遥けし 射水河 朝漕ぎしつつ 唱う船人」(巻19-4150・大伴家持)

  • 元号「令和」が、大伴家持の父である大伴旅人が大宰府で開催した梅花の宴に由来していることを受け、令和の表現として、梅の花びらの形を採用しました。
  • 紫色について
    紫は、大伴家持の最終官位「従三位」の衣の色。古代より、「高貴」な色とされてきました。また現代では、色彩心理学的に「高貴、優雅、感性」をイメージする色とされ、二上山や射水川などの自然に包まれて、「優雅で、感性豊かなまちたかおか」を表現する色として使用しています。
  • 「×」について
    クロスオーバー。あるものとあるものを掛け合わせて、新しい価値を創造することです。長く、万葉のふるさとづくりに取り組んできた高岡から、令和の時代に、改めて新しい価値・文化を発信したいという意味を込めて使用しています。 

令和の額・白梅を持った家持くんのイラストもダウンロードできます

本市のマスコットキャラクター・家持くんが、令和にちなんだ白梅と令和の額を持ったイラストも、フリー素材として公開しています。高岡市観光ポータルサイト「道しるべ」の観光素材ダウンロード(外部サイトへリンク)よりご利用ください。

reiwagaku_yakamochishiroume_yakamochi

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長政策部文化創造課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1255

ファックス:0766-30-7299