ここから本文です。

更新日:2022年9月8日

高校生万葉短歌バトルin高岡

全国の高校生による学校対抗団体戦方式の短歌大会です。毎年8月に開催している本戦は、厳しい予選を勝ち抜いた8校が古代から伝わる「歌合(うたあわせ)」のルールで試合を進め、高校生短歌日本一を決します。自チームの歌を褒め、相手チームの歌を批評する熱いバトルも見どころです。

第7回高校生万葉短歌バトルin高岡(オンライン開催)動画・結果

令和4年8月27日(土曜日)に、第7回高校生万葉短歌バトルin高岡がオンラインで開催されました。

tanka4

結果

優勝:仙台高校(宮城県)

準優勝:盛岡第三高校(岩手県)

3位:伏木高校(富山県)

3位:光陵高校(神奈川県)

優秀賞:富山中部高校(富山県)

優秀賞:甲府東高校(山梨県)

優秀賞:七尾高校(石川県)

優秀賞:星野高校(埼玉県)

角川「短歌」編集部賞(最優秀作品賞)

伏木高校3年:市野天晴さん

題「空」

「靴紐を念じて結びタータンへ ゴールラインに高き空見ゆ」

YouTube「第7回高校生万葉短歌バトルin高岡」(外部サイトへリンク)

第7回高校生万葉短歌バトルin高岡の開催について

tanka7

予選(申込締切:令和4年6月8日)※受付は終了しました

  • 題材は自由(未発表の自作短歌)
  • 1チーム(3名)6首応募(1人2首作成)

参加資格

全国の高校生(1校複数チーム応募可能。本戦参加は原則1校1チーム)

応募方法

公式ホームページの応募要項から応募用紙をダウンロードし、必要事項と作品を書いて郵送かFAX、メールでご応募ください。

公式ホームページ「高校生万葉短歌バトルin高岡」(外部サイトへリンク)

応募先

郵送

〒933-0911富山県高岡市あわら町13-50
北日本新聞社西部本社「高校生万葉短歌バトル」係

FAX

0766-25-7775

メール

tanka_battle@ma.kitanippon.co.jp

申込締切※受付は終了しました

令和4年6月8日(水曜日)必着

本戦(開催日:令和4年8月27日)※オンライン開催に変更になりました

  • お題あり(未発表の自作短歌)

日時

令和4年8月27日(土曜日)10時30分開始予定13時開始予定

会場

高岡市伏木コミュニティセンター3階多目的ホール

※オンライン開催に変更になりました。大会の様子はYouTubeで生配信するほか、後日編集した動画を公開します。

YouTubeチャンネル「万葉短歌バトル」(外部サイトへリンク)

バトルルール

1チーム(3人)の「トーナメント戦」。先鋒戦、中堅戦、大将戦で勝敗を決めます。
交互に自作の短歌を朗誦、批評しあい、プロの歌人たちによる判者(審判)が勝敗を判定。
2勝以上のチームの勝利となります。

審査

佐佐木幸綱(歌人・早稲田大学名誉教授)、小島ゆかり(歌人)、坂本信幸(高岡市万葉歴史館館長)

表彰

優勝校、準優勝校、最優秀作品賞等

第6回高校生万葉短歌バトルin高岡(オンライン開催)動画・結果

令和3年8月22日に、第6回高校生万葉短歌バトルin高岡がオンラインで開催されました。

集合図

結果

優勝:盛岡第三高校(岩手県)

準優勝:豊橋西高校(愛知県)

3位:宮崎商業高校(宮崎県)

3位:坂戸ろう学園(埼玉県)

優秀賞:宮城第一高校(宮城県)

優秀賞:光陵高校(神奈川県)

優秀賞:富山中部高校(富山県)

優秀賞:星野高校(埼玉県)

角川「短歌」編集部賞(最優秀作品賞)

豊橋西高校2年:佐藤秋雅さん

「窓越しの満月に手を重ねゆく君に会いたい君に触れたい」

YouTube「第6回高校生万葉短歌バトルin高岡」(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

生活環境文化部文化振興課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1255

ファックス:0766-20-1666