文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ホーム > 暮らし > 上下水道 > 解体工事・土木工事に伴う給水装置破損事故防止のお願い

ここから本文です。

更新日:2016年1月28日

解体工事・土木工事に伴う給水装置破損事故防止のお願い

最近、建物等の解体工事・土木工事等において、給水管等の給水装置を破損する事故が多発しています。工事依頼者や工事関係者の皆さまは、下記の注意事項をご理解いただき、給水装置の破損事故の防止にご協力ください。

事前調査

  • 工事の施工に先立ち、敷地内の給水装置の設置場所を確認してください。給水装置竣工図は上下水道局にて閲覧することができます。閲覧については、必ず位置図を持参し来庁してください(管路調査受付書の記入が必要です)。
  • お電話またはFAXによる確認は出来ません。

施工当日

  • 重機オペレータや作業員に給水装置の位置を周知し、給水装置を破損させないように十分注意の上作業してください。
  • 宅地内の給水装置は浅いところに埋設されています。

給水装置を破損させた場合

  • 給水装置を破損した場合、止水栓筺や量水器筺内の止水栓を回し、速やかに止水してください。
  • 必ず上下水道局にご連絡のうえ、速やかに高岡市指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。
  • 破損に伴う修繕工事費用は、破損させた原因者に負担いただくことになります。

お問い合わせ

上下水道局施設維持課

富山県高岡市京田188

電話番号:0766-22-1086

ファックス:0766-22-1099