文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ホーム > 防災・防犯 > 国民保護 > 弾道ミサイル落下時の行動について

ここから本文です。

更新日:2017年5月23日

弾道ミサイル落下時の行動について

北朝鮮により弾道ミサイルが発射された場合で、日本に飛来する可能性があるときは、日本政府より関係する地域の住民に対して、全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用して情報伝達することとしております。防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

弾道ミサイルは、発射からきわめて短時間で着弾します。行政からの指示に従って落ち着いて行動してください。

メッセージが流れたら、落ち着いて、直ちに行動してください。

「屋外にいる場合」

できる限り頑丈な建物や地下に避難する

(地下:地下街や地下駅舎などの地下施設)

「建物がない場合」

物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。

「屋内にいる場合」

窓から離れるか、窓のない部屋に移動する。

 

 

近くにミサイル落下した場合

屋外にいる場合

口と鼻をハンカチで覆い、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内または風上へ避難する。

屋内にいる場合

換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして屋内を密閉する。

 

弾道ミサイル落下時の行動について(PDF:288KB)

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A(PDF:133KB)

 

全国瞬時警報システム(Jアラート)に係る情報伝達等について

全国瞬時警報システム(J-ALERT)(外部サイトへリンク)

スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用について

携帯電話・スマートフォンのほとんどが、緊急速報メールを受信できますが、一部には受信できないものがあります。

消防庁では、お持ちの携帯電話・スマートフォンが受信できるかどうかの確認手順と、受信できない(または受信できるか分からない)場合の対策をまとめています。

スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用(PDF:252KB)

関係機関の情報について

国民保護ポータルサイト(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部総務課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1242

ファックス:0766-20-1325