文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 消防組織 > 先輩消防士からのメッセージ > 先輩消防士からのアドバイス(峯裕樹)

ここから本文です。

更新日:2018年1月30日

先輩消防士からのアドバイス(峯裕樹)

氏名 峯裕樹
階級 消防士長
所属 伏木消防署
採用年 平成20年

 

消防士を目指した理由

学生の頃から人の役に立つ仕事をしたいと思っていました。テレビ・新聞等で、新潟県で発生した中越沖地震の中継が報道されていた時に、全力で人命救助にあたっている消防士の姿がありました。身近でも、火災や交通事故等が発生すると、消防士が消火活動、救助活動をする姿に憧れを抱き、いつか自分も消防士になりたいと思い目指しました。

印象に残ってることは?

平成23年3月11日に発生した、東日本大震災です。私は消防士として配属されて4年目の事で、緊急消防援助隊の一員として宮城県名取市へ出動しました。あまりの悲惨な光景を目の当りにして、言葉にならなかったことです。

消防士の魅力

消防の仕事は、災害現場だけでなく、消防訓練や立入検査など様々な方々と接する機会が多く自分自身を成長させてくれることです。また、火災、救急、救助とあらゆる災害現場で、市民の方々からとても頼りにされる仕事であり、魅力を語るときりがないですが、一番は市民の方から「ありがとう」の感謝の言葉。それに尽きると思います。

消防士を目指している方へのメッセージ

消防士の仕事は、隔日勤務という24時間の勤務の中で、いつ発生するかわからない災害に備え、日々の訓練や業務にあたらなければなりません。体力的、精神的にとてもきつい仕事ですが、市民の方からは感謝されることもあり、とてもやりがいのある仕事です。

お問い合わせ

消防本部総務課

富山県高岡市広小路5-10

電話番号:0766-22-2266

ファックス:0766-22-1994