文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ホーム > 暮らし > 税金 > 個人市民税 > 税制改正 > 平成30年度から適用される税制改正

ここから本文です。

更新日:2018年1月12日

 

平成30年度から適用される税制改正

 

給与所得控除の改正(給与所得控除の上限設定)

平成29年1月1日以降に支払われる1年間の給与等の収入について、給与所得控除の上限額が下記のとおり引き下げられます。

平成30年度給与所得控除の改正

給与等の収入金額の合計額

給与所得控除額

改正前

改正後

10,000,000円~

11,999,999円

収入金額×5%

+1,700,000円

2,200,000円

12,000,000円超

2,300,000円

関連情報

給与所得の速算表

セルフメディケーション税制(スイッチOTC薬控除)

適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、自己または自己と生計を一にする配偶者その他親族のために特定一般用医薬品の購入費用を支払った場合、年12,000円を超える部分の金額(上限88,000円)について、所得控除をうけることができる特例が新設されます。

※セルフメディケーション税制は医療費控除の特例であり、従来の医療費控除との選択適用となります。

詳しくは、厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)または国税庁ホームページ(外部サイトへリンク)をご参照ください。

適用期間

平成30年度(平成29年分)から、平成34年度(平成33年分)の市・県民税について適用されます。

関連情報

所得控除

 

 

お問い合わせ

総務部市民税課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1257

ファックス:0766-20-1283