文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ここから本文です。

更新日:2016年3月20日

戸籍届出のご案内

戸籍は夫婦、親子など個人の身分関係を生涯を通じて証明する大切なものです。子どもが生まれたときや結婚、死亡など異動があった場合は、必ず届出をしてください。
戸籍や住所変更の際に届出人の本人確認を行っています。届出の際には、官公署が発行した顔写真が貼付された証明書などをご持参くださるようご協力をお願いいたします。

※各種届書の【署名・押印】欄は必ずご本人が署名・押印してください。
※届出書の用紙は、市役所本庁市民課、福岡総合行政センター、伏木・戸出・中田支所窓口に配置しています。
※届出により通知カードの記載内容(住所・氏名・性別・生年月日)に変更がある場合は、必ずカードを持参してください。

受付場所と時間、取扱いについて

受付場所と時間、取扱いについて
届出の受付時間 受付場所
市民課
平日:午前8時30分から午後5時15分まで
※年末年始を除く
福岡総合行政センター、支所(伏木、戸出、中田)
平日:午前8時30分から午後5時15分まで
※年末年始を除く

市役所市民課
福岡総合行政センター

各支所(伏木、戸出、中田)

平日の上記時間外と土・日曜日、祝祭日 市役所時間外受付(警備室)
※時間外受付の場合は届書と必要書類をお預かりするだけとなり、翌開庁日に職員が確認することになりますが、受理日は届書を提出した日です。
ただし、書類に不備があるときは、受理できずにお返しする場合がありますので、なるべく、事前に最寄の市役所や支所で届書の内容・添付書類等の確認をお願いします。

戸籍届出の一覧

戸籍届出の一覧
届出の種類 届出の要件 手続き 届出地
出生届

子が生まれた時にする届出

  • 子が生まれた日から14日以内に届出してください。
  • 子に命名できる文字は常用漢字、人名用漢字、片仮名、平仮名に限定されています。
  • 届出人は原則父か母です。

出生届書を市役所に提出してください。
届出の際には次のものをご持参ください。

  • (1)出生届書(出生証明書付き)
  • (2)届出人の印鑑
  • (3)母子健康手帳

国民健康保険証(加入者のみ)

児童手当や医療費の助成など市民課以外の担当課での手続きが必要な場合があります。

  • 出生地
  • 父母の本籍地
  • 父母の住所地
  • 父母の所在地
    のうち、いずれかの市区町村に届出ができます。

婚姻届

結婚する際にする届出

  • 婚姻届ができる年齢は男性は満18才以上、女性は満16才以上です。
  • 成人の証人2人が必要です。

※女性が再婚する場合は100日間の再婚禁止期間があります。
※未成年者が婚姻するときは父母の同意書が必要です。

婚姻届書を市役所に提出することにより成立します。
届出の際には次のものをご持参ください。

  • (1)婚姻届書
  • (2)夫、妻の印鑑
  • (3)夫、妻の戸籍の全部事項証明(謄本)(高岡市に本籍がある方は不要です)
本籍地、住所地、所在地のいずれか
離婚届

夫婦が婚姻関係を解消するためにする届出
【協議離婚】

  • 夫婦の協議で成立します。
  • 成人の証人が2人必要です。
  • 夫婦の間に未成年の子がいる場合はその親権者を決めていただく必要があります。

【調停・裁判離婚】

  • 家庭裁判所において成立することが必要です。
  • 調停・裁判成立の日から10日以内に申立人より届出してください。

離婚届書を市役所に提出してください。
届出の際には次のものが必要です。

  • (1)離婚届書
  • (2)夫、妻の印鑑
  • (3)戸籍の全部事項証明(謄本)(高岡市に本籍がある方は不要です)

※【調停・裁判離婚】の場合は調停調書または裁判の謄本及び確定証明書が必要です。

【協議離婚】
夫または妻の本籍地、住所地もしくは届出人の所在地
【調停・裁判離婚】
夫または妻の本籍地、住所地もしくは届出人の所在地
死亡届

死亡した者があるときにする届出

  • 死亡の事実を知った日から7日以内に届出してください。
  • 届出人は
    • (1)親族
    • (2)同居者
    • (3)家主、地主、家屋管理人、土地管理人
    • (4)後見人、保佐人、補助人、任意後見人の順序になります

死亡届書を市役所に提出してください。
届出の際には次のものをご持参ください。

  • (1)死亡届書(死亡診断書付き)
  • (2)届出人の印鑑
  • (3)後見人、保佐人、補助人、任意後見人が届出人になる場合、登記事項証明書の添付が必要です。

市民課以外の担当課での手続きが必要な場合があります。

死亡地、死亡者の本籍地、届出者の住所地、所在地のいずれか
転籍届

本籍を移すための届出

  • 本籍は日本の領土内で地番号または街区符号により特定されているところであれば、いずれの場所でも定めることができます。
転籍届書を市役所に提出することにより成立します。
届出の際には次のものをご持参ください。
(1)転籍届書
(2)戸籍の全部事項証明(謄本)(高岡市に本籍のない方、及び市外へ転籍される方は必要です)
(3)届出人の印鑑(筆頭者及び配偶者)2種類

本籍地、転籍地、住所地、所在地のいずれか
養子縁組届

親子関係がない者の間に、法律上の親子関係を発生させるための届出

  • 養子となる者が養親となる者の年長者でないこと
  • 養子となる者が未成年者であるときは家庭裁判所の許可が必要です(ただし、自己または配偶者の実子や孫を養子とする場合は許可は不要となります)
  • 配偶者がいる場合はその同意書が必要です
  • 成人の証人が2人必要です

養子縁組届書を市役所に提出することにより成立します。
届出の際には次のものをご持参ください。

  • (1)養子縁組届書
  • (2)養子(15才未満の場合は親権者)と養親の印鑑
  • (3)養子、養父母の戸籍の全部事項証明(謄本)(高岡市に本籍がある方は不要です)

※【家庭裁判所の許可】を得た場合はその許可書

 
養子離縁届

養子縁組届により発生した、養子と養親との親子関係を消滅させる届出
【協議離縁】

  • 養子(15才未満の場合は親権者)と養親の協議で成立します。
  • 成人の証人が2人必要です。

【調停・裁判離縁】

  • 協議離縁が成立しない場合、家庭裁判所において成立させることができます。
  • 調停・裁判成立の日から10日以内に申立人より届出してください。

養子離縁届書を市役所に提出してください。
届出の際には次のものをご持参ください。

  • (1)養子離縁届書
  • (2)養子(15才未満の場合は親権者)と養親の印鑑
  • (3)戸籍の全部事項証明(謄本)(高岡市に本籍がある方は不要です)

※【調停・裁判離縁】の場合は調停調書または裁判の謄本及び確定証明書が必要です。

 
入籍届

子が父、母と氏・戸籍が別々になった場合、同じにするための届出
【夫婦とその子の氏・戸籍が別々になった場合】

  • 家庭裁判所の許可は不要です。
  • 市役所への届出のみで成立します。

【父か母とその子の氏・戸籍が別々になった場合】

  • 家庭裁判所の許可が必要です。

入籍届書を市役所に提出してください。届出の際には次のものをご持参ください。

  • (1)入籍届書
  • (2)戸籍の全部事項証明(謄本)(高岡市に本籍がある方は不要です)
  • (3)子(15才未満の場合は親権者)の印鑑

※【家庭裁判所の許可】を得た場合はその許可書が必要です。

 

その他の届出

お問い合わせ

市民生活部市民課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1333

ファックス:0766-27-1188