文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ホーム > 子育て・教育 > 学校教育 > ものづくり・デザイン科 > 「ものづくり・デザイン科」目標と授業内容

ここから本文です。

更新日:2017年10月11日

「ものづくり・デザイン科」目標と授業内容

目標

  • (1)高岡市の伝統工芸や地域の産業について、見たり触れたり体験したりすることにより、豊かな感性と郷土を愛する心を育てる。
  • (2)優れた技術をもつ地域の人々との交流を通して、ものづくりのすばらしさを感じ取り、よりよく生きようとする心情を培う。

目標と授業内容

小学校:第5学年・第6学年

1.目標

  • (1)高岡市の伝統工芸や産業を見たり触れたりすることにより、地域の伝統工芸や産業についての興味や関心を高める。
  • (2)体験的な制作活動を通して、ものづくりの基礎的な能力を身に付け、つくる喜びを味わう。
  • (3)優れた技術をもつ人々との交流を通して、ものづくりのすばらしさを感じ取る。

2.内容

  • (1)高岡市の伝統工芸や産業について調査・見学し、その歴史や制作工程、特色等について理解する。
  • (2)形、色、材料の特徴や用途などを考え、伝統的な技法を生かした作品を制作する。
  • (3)優れた技術をもつ人々の話を聞いたり、実際の作品づくりを見たりして、制作の創意工夫や技のすばらしさを感じ取る。

中学校:第1学年

1.目標

  • (1)高岡市の伝統工芸や産業を見たり触れたりすることにより、地域の伝統工芸や産業を理解し、育てようとする態度を育てる。
  • (2)伝統工芸や地域の産業の技法を生かして、創意工夫し美しく表現する能力を育てる。
  • (3)優れた技術をもつ人々との交流を通して、心豊かな生活を創造していく意欲や態度を育てる。

2.内容

  • (1)高岡市の伝統工芸や産業の調査・見学を通して、その歴史や特色、制作工程等について理解する。
  • (2)形や色彩、材料のもつよさや特徴を伝統的な技法に生かし、美しい作品を制作する。
  • (3)優れた技術をもつ人々の話を聞いたり、実際の作品づくりを見たりして、職人のもつ優れた技能や創意工夫等について理解を深める。

授業時間数

小学校:第5学年・第6学年

年間35時間(図工50時間→40時間、総合70時間→45時間)

中学校:第1学年

年間35時間(総合50時間→15時間)

評価の視点及び観点別評価の視点

小学校

(1)ものづくりへの関心・意欲・態度

高岡の伝統工芸や産業に関心をもち、意欲的に作品をつくろうとしている。

  • ものづくりの楽しさや作品のよさに気づいている。
  • 地域の伝統工芸や産業の主な特色や歴史、制作工程等を調べることなどを通して、優れた技術をもつ人々の技のすばらしさやものづくりにかける思いにきづいている。
  • 調査・体験したことをまとめる活動を通して、地域の伝統工芸や産業を守り受け継ぎ、発展に努めていることに気づいている。

(2)デザインする能力

作品の形や色、用途を考えて発想・構想している。

  • 作品の形や色、大きさ、材料の特徴を考えてデザインをしている。
  • 使う目的や用途に応じてデザインをしている。
  • 表現の意図や特徴、作品のイメージなどを絵や文で表している。

(3)ものづくりの技能

伝統的な技法を使って、自分の表したいことを工夫してつくっている。

  • 伝統的な技法や制作工程を知り、見通しをもってつくっている。
  • 材料や用具を安全面に気を付けて適切に使用してつくっている。
  • 自分の思いに合うよう、表し方を考えてつくっている。

中学校

(1)ものづくりへの関心・意欲・態度

高岡の伝統工芸や産業への理解を深め、意欲的に作品を制作しようとしている。

  • ものづくりの楽しさや作品のよさ、美しさなどを感じ取っている。
  • 地域の伝統工芸や産業の主な特色や歴史、制作工程等を調べることなどを通して、優れた技術をもつ人々の制作の工夫や技のすばらしさものづくりにかける思いを感じ取っている。
  • 調査・体験したことをまとめる活動を通して、地域の伝統工芸や産業の発展に努めていることを感じ取っている。

(2)デザインする能力

作品の形や色彩、材料の特性や用途を考えて豊かに発想・構想している。

  • 作品の形や色彩、材料のよさや特性を考えてデザインを工夫している。
  • 用途や機能と美しさが調和したデザインを工夫している。
  • 自分なりの製作の手順を考えて、完成した作品のイメージを絵や文で表している。

(3)ものづくりの技能

伝統的な技法を生かして、創意工夫しながら作品を制作している。

  • 製作工程や技法を理解し、創意工夫しながら制作している。
  • 材料や用具を安全面に気を付けて適切に使用し、その特性を生かして制作している。
  • 伝統的な技法のよさを味わいながら、自分の表現意図を大切にして制作している。

お問い合わせ

教育委員会学校教育課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1449