• サイトマップ
文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更

ホーム > 高岡市立中央図書館利用状況アンケート

ここから本文です。

更新日:2017年5月24日

高岡市立中央図書館利用状況アンケート

1調査目的

中央図書館における図書館サービス向上のため、利用者の皆様から直接建設的なご意見等をいただくことを目的として実施しました。今回の調査では、特にCDコーナーの存続に関して意見集約しました。

※前回実施調査結果(平成26年)を参考のため一部反映させております。前回調査は雑誌コーナーの活性化を図ることを目的としておりました。

 

2調査対象及び調査方法

実施期間内に来館された利用者で希望する者

無記名式アンケート

 

3調査期間

平成28年9月12日(月曜日)~9月25日(日曜日)14日間

※平成26年調査は、平成26年4月21日(月曜日)~5月11日(日曜日)20日間実施した。

 

4調査用紙

調査用紙PDFデータ(PDF:217KB)

 

5用紙配置・回収場所

館内3か所(2階中央カウンター付近、児童カウンター、3階レファレンスカウンター付近)に設置した。その他職員等が直接配布した。

 

6回収方法

回収場所に設置した回収箱への投かん及び職員等による回収によって実施した。

 

7回答者数

205人

※平成26年調査153人

回答者数は、前回より52人増加した。

 

8調査結果

調査結果PDFデータ(PDF:452KB)

※以下はである調で記述します(自由記入欄を除く)。

1)年齢構成

年齢構成については、平成26年調査では「60代以上」が72人(47.0%)と半数を占めており、若年層の意見集約につながらなかった。一方で、今回調査では「10代」が43人(21.0%)と最も多くなっており、次いで「30代」・「40代」・「60代以上」がそれぞれ10%以上を占めており、前回調査に比べ広範囲の世代の意見を集めることができた。

2)性別

男女の内訳は、「男性」が73人(35.6%)、「女性」が115人(56.1%)であり、次表のとおり前回調査と同様に女性の占める割合が6割程度であった。

3)来館頻度及び本(雑誌)を手にする頻度

来館頻度については、「週1回」及び「月1回」とするものが全体の139人(67.8%)を占め、「年数回」及び「週数回」が続く結果となった。平成28年10月24日付読売新聞11面に掲載された「読書週間世論調査」結果には、「この1年間で図書館を利用した人は43%。頻度別では「月に1、2回程度」が全体の14%で最も多かった。」とあり、当館実施調査と同様の傾向がみられた。

また、本(雑誌)を手にする頻度については、「図書館利用が多い」とするものが114人(55.6%)と最も多くなっており、「書店購入と同じぐらい」と回答するものをあわせると157人(76.6%)にものぼる結果となった。このことは、自明のこととはいえるが当図書館利用者の多くは本に接する機会を図書館に依拠する傾向にあることがわかった。

その他では、近年急速に普及してきているスマートフォン等による配信サービスの利用をあげる回答も見受けられた。

4)蔵書充実度

蔵書の充実度では、本については数、質ともに満足であるとするものが最も多くなっている。

また、本・新刊本・雑誌については「大変満足」から「ふつう」とする回答が大勢を占める結果となった。

ただ、新刊本及び雑誌については「ふつう」とするものが最も多くなっており、本の数及び質に比べ充実度に対する評価が低くなっている。

5)CDコーナーについて

ア)CDの充実度

CDについては、「不満」から「大変不満」とするものが他項目に比べ多くなっている。

「利用なし」とする回答については、本・雑誌・新刊本と比較して大きく上回った(数:107人52.2%、質:97人47.3%)。

イ)CDコーナーの必要性

「わからない・利用なし」とするものが多く86人(42.0%)となっており、「必要でない」とするものとあわせると96人(46.9%)にのぼる。

 

9自由記入欄へ寄せられたご意見について

今回の調査では、「蔵書などの充実度」、「CDコーナーについて」、「改善すべきところなど・お気づきの点について」、の3設問に自由記入欄を設けて、皆様方からご意見をいただいた。

それぞれについて一覧形式で掲載した。なお、文意などに異同が無い範囲で誤字脱字の訂正、漢字表記への変更など、設問の趣旨にあわせるための、設問間の移動などの編集作業を実施させていただいた。

自由記入欄へのご意見(蔵書充実度について)

1蔵書の選定について(26件)

本購入の基準が不明(同じ出版社のシリーズがあったり、なかったり、文庫本があったり、なかったり)。

上下巻揃っているべき本がそろっておらず、別の図書館にある状態は何とかした方が良いと思う(中央図書館に上巻だけあって、例えば伏木図書館に下巻だけある。というような。)。

シリーズ物の新刊が少ないように見える。何年も前から揃えている物は途中で終わらず、最新刊まで揃えて欲しい。(同様意見ほか1件)

税務、金融、医療など最新の情報についての書籍が少なく、また基本的な内容が多くて、高度な質の本が少なく残念に思います。話題の小説は多いのですけれど、生活に必要な書籍や郷土の歴史など力を入れて欲しいと思います。

美術関連の本が目的なのですが、見たい本が少ない。日本の洋画家の本が見たい。特に森本草介や野田弘など。

古典が分かりやすくあると、なお利用しやすい(福沢諭吉、南原しげる等)。

雑誌などすぐに新刊が出てすぐに捨てなければならない本よりは、各本20・30ページしか読まないが(自分の興味のある)専門的な本を読みたい(個人的には化学)。

雑誌の数が多いのでは、もう少し減らした方が良いと思う。

雑誌の数、種類ももう少し増えると良いです。

もっといろいろな種類の雑誌(中学生向けファッション)などがあるとうれしい。

人気のある本をもっと数多く揃えて欲しい(よく貸出中になるので)。(同様意見ほか3件)

いろいろな新刊本を多く揃えていただけるとうれしいです。

大活字本を充実してください。

子育て本の新しい本がたくさんでると良いです。

中国語の本が少ない。

コミックエッセイのコーナーを作って欲しいです。コミックエッセイを多く入れて欲しいです。

経済系の本が増えると勉強に使えるためうれしいです。

マクロビオティックに関心があるので、そこの分野の本がもっとあればうれしいです。

もっと小学生が勉強に使いそうな本を増やして欲しい。

ファンタジー系や冒険の本がすきなのであったらうれしいです。

情報技術関連の書籍が少し古い上に、技術者から見て、はずしたネタ感がある。

小、中、高生向けのファンタジー、アドベンチャー系の冊子は表紙にボディラインを強調したものが多く、中身もその程度のレベルであり、公的機関が公費で購入するのは好ましくないのでは。まして、少ない予算を割いてまで。本来の図書館の目的は何か若年にこびることではない。

 

2蔵書の充実度について(10件)

新しい本が楽しみです。

児童書は新刊が充実していてありがたいと思います。

3階のキリスト教(19)、歴史(20)はとても気に入っています。

無料で読ませてもらっているので、ありがたい。

ライトノベル等を入れているのが非常に助かります。これからもよろしくおねがいします。

親子で利用します。子供用のカードがドラえもんは良いと思いました。本も充実していて満足です。

県外出身ですが、地元の図書館より、数、質ともに充実しています。満足しています。

普段は戸出図書館をよく利用しているので、こちらに来たら本がたくさんあってうれしいです。

富山市から来ています。蔵書が充実していて大変満足しています。

このままで良いと思います。

 

3本等が古いとされるご意見(8件)

古い書籍が多い。新しい書籍、CD、DVDを入れて欲しい!

以前、探した本が、古い物が多かった。
・たまにしかこないので、新しい本がどんな本が入っているかわからない。

東京観光ガイドをさがしたけど、古くて(年式が)活用できそうにない。

時代に合わない物が多すぎる。ニーズに合うようにして欲しい!

新しい本が無い!ベストセラーとか!

新刊の数不満。

雑誌コーナーでストックがない。貸出中なのか、いつも空箱の雑誌が多くある。

他のところに比べて新しいのが少ないと思う。

 

4図書の購入について(4件)

時刻表の1982年(11月号)、1988年(3月号)の分があれば良いと思います。それぞれ節目の改正号です。

週刊現代の取扱いをお願いします。

マンガにコナンを入れて欲しい。

アイカツ!の本を置いて欲しい。

5その他(4件)

特に無し。(同様意見ほか3件)

 

自由記入欄へのご意見(CDコーナーについて)

1CD等が古いとされるご意見(12件)

新しいCD等をもっとたくさん置いて欲しい。(同様意見ほか6件)

CDの内容は古い。(同様意見ほか3件)

定期的な購入が必要。

 

2CD等の選定方法について(8件)

数も質もかなり低い方だと考えています。

DVD(映画)のチョイスが不思議なラインナップ。何を目指しているの。

年配向けのCDが多い。

系統的に数を増やして欲しいです。

ジャズ、クラッシック数が少ない。

民族音楽のCDが増えるとうれしいです。

もっとアンダーグラウンドにせめてください。

コニーフランシス、ちあきなおみ等(全曲集)あれば良い。

 

3CDコーナーの必要性について(13件)

1)必要であるとされるご意見(7件)

CDよく利用している。

CDコーナーは続けて欲しいです。

このままで良いと思います。

借りる頻度は少ないが必要と思う。

私は利用したことがありませんが、必要な方は多いと思いますので、充実したほうが良いと思います。

充実していれば利用したい。

今後、利用してみたいと思います。

2)必要でないとされるご意見(5件)

あまりに少ないので、無くしても良いと思う。CDショップ、レンタルを利用してもらえば良いのではないか?(同様意見ほか1件)

子供が小さい頃は借りていましたが、今は、あまり利用しなくなりました。

CDを買う分を本の購入にあてて欲しい。(同様意見ほか1件)

3)わからないとされるご意見(1件)

利用しないのでわかりません。

 

4CD等の排架方法について(2件)

とても良い雰囲気だとい思います。広くてレイアウト的にも見やすいです。

いろいろな種類にわけて置いて欲しいです。

 

5検索方法について(2件)

パソコン検索があるのでしょうが、良く分からないので、古き良き映画などを探すのが難しいです。

探しにくくて、利用していない。

 

6CD等の寄贈について(1件)

利用者から不要になったCDやDVD等をいただけないか?とか考えてはいかがでしょう(きっと図書館に贈ってくださる方が多いはずです)。

 

7ご利用された印象(4件)

ドライブの時などに母の好きなものを借ります。

子供が喜んでいます。

明るい環境で入りやすいです。待ち合わせまでの時間にちょっと寄れる気軽さがよいです。

 

8その他(4件)

特に無し。(同様意見ほか3件)

 

自由記入欄へのご意見(改善すべきこと、お気づきの点について)

1利用環境について(37件)

1)全般(2件)

静かに読みたいので、こんでいる時は、長くないが、人が少ない時はゆっくりしていく。
たまにしかこないので、どこに何があるのかわからないので、いつも聞いてしまうが、親切に答えてくれてありがたい。

公園内にあった時より、使いやすくなり充実している。

2)空調関係(3件)

夏の設定温度が暑い。28℃は50年前の推奨温度らしいです。(同様意見ほか2件)

3)閲覧環境について(5件)

本を読むスペースを少し増やせれば良いと思います。(同様意見ほか2件)

子供のコーナーに扉かさくをつけて目を離しても出ていかないようにしてもらえたら助かる。

本を探すのが大変です。孫が3人おり一緒に連れてこようと思いますが、年少だと静かに利用することが大変です。注意され、足が遠のかないように、良い改善があればと思います。

4)駐車場について(4件)

駐車券で1時間しか無料ではないので、ゆっくりできないです。2時間にしてもらえると非常にうれしいです。

駐車場にお金がかかるので、ゆっくり館内を利用できない。

駐車場1時間といわず、全面無料化。

特にありませんが、車の駐車が市の駐車場は近く、1時間無料になるのが大変良い。今後も続けてもらいたい。

5)開館時間について(2件)

開館時間が長いことがありがたいです。

月1回の休館で非常に助かっている。

6)職員・スタッフの勤務状況について(16件)

利用客が「うるさい」静かに利用しなければとの気持ちがない。スタッフの方も同様。日本一「うるさい」図書館ですね!

入口から2回も受付をした。電話で確認してからきたのに2階といわれて不親切。

以前、県立図書館の本の取り寄せを依頼した時に事前に県立図書館に確認していた本とは違う説明(取り寄せをめんどくさがる)した女性(中年)の方がいた。労を厭い、ウソをつくのは問題。

男子館員は態度が悪い。

スタッフの人にあまり笑顔がない。

そもそも仕事として司書もどきの方が多いようですけれど、本当に本が好きな方はおられるのでしょうか?

本を読むこと。

親切な対応をして下さり、とても良いです。

担当者は親切で良い。

受付の態度がいつも感心される。とても感じが良い。(同様意見ほか1件)

このままで良いと思います。

日ごろお世話をいただき感謝しています。今後もお体に気をつけてますますご活躍してくださいね。応援&期待しています。ありがとうございます。

係員の方が、皆親切で良い。不明な点もすぐに対応して下さり、探しづらい図書も聞けばすぐに対応して探してもらえる所が良い。

いつもお世話になっています。感謝しています。今後ともよろしくお願い致します。(同様意見ほか1件)

7)利用者のマナーについて(5件)

座る場所が少ない。ロッカーに荷物を預けて長時間図書館外へ出る人がいる。

私語の大きな人が多くいる。そんな人をこちらから注意することができないので、職員の人、気がついたら、注意してください。

利用客が「うるさい」静かに利用しなければとの気持ちがない。スタッフの方も同様。日本一「うるさい」図書館ですね!

新しい雑誌は一人一冊なのに、何冊も抱えていたり、尿臭、体臭のすごい人が居たり、ルール・マナー・モラルの悪い人がいるが、誰も注意できない。

タバコの臭いが気になったことがあった。

 

10まとめ

当館利用者の利用状況については、本(雑誌)を手にする頻度について図書館利用が多いとする回答、同じぐらいとする回答があわせて76.6%を占め、図書館に依拠し、かつ来館頻度について「ほぼ毎日」から「月1回」までの高頻度とするものがあわせて170人(82.9%)にのぼった。

蔵書充実度については、本、新刊本、雑誌ともに「大変満足」から「ふつう」とする回答が大勢を占め、当館の選書などの取組みが一定の評価を得ているものと考えられる。ただし、新刊本及び雑誌は本と比べると相対的に評価が下回っている。この結果は、自由記入欄へ寄せられたご意見に「新刊本が少ない」などが多く見受けられたことに反映されている。

新刊本については、ベストセラー本など、その性質上利用者に比較的短期間に貸し出され、場合によっては予約者が列をつくることなどの現象が影響し、来館利用者の方に新刊本が少ないとの印象を与えることの要因になっているものと考えられる。この点について、前述の読売新聞調査結果においては公立図書館が新刊本を貸し出すことについて、「「すぐに貸し出してもよい」が61%で、「一定期間貸し出さない方がよい」の35%を上回った。国民の間では、発売早々から貸し出すことを容認する意見が多い」と分析している。この結果は、当館調査にみえる利用者の意識と一致している。いずれにせよ図書館新刊本の貸出方法や周知方法について自由記入欄へご意見が寄せられるなどしており、効果的な改善策を検討する必要があると考えられる。

CDコーナーの必要性については、「わからない・利用なし」とするものが多く86人(42.0%)となっており、「必要でない」とするものとあわせると96人(46.9%)にのぼる。この結果は、CDの充実度の設問での「利用なし」とする回答数が最も多かった(数:107人52.2%、質:97人47.3%)こととあわせ、当館利用者はCDコーナーの必要性を重視していないことがうかがえる。

CDについては、盤面の劣化等による再生不良が頻発しており、購入コストにみあう運用が困難な現状にある。CDコーナーについては、県内でも既に貸出を廃止し館内視聴のみとする市があらわれるなどの動きもみえる。当館では、今回の調査結果を受け今後善後策を検討していくこととしたい。

 

11今後の対応

今回の調査では、CDコーナーに関するものにとどまらず、さまざまな建設的なご意見、叱咤激励をいただきました。ご意見のなかには、実現が困難なものもありますが、ひとつひとつ今後の図書館運営に取り組んでいくなかで、課題解決に取り組んでいきたいと考えております。ぜひ今後とも高岡市立図書館をご利用いただくよう、お願い申しあげます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会中央図書館

富山県高岡市末広町1-7

電話番号:0766-20-1818

ファックス:0766-20-1819