文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ホーム > 子育て・教育 > 乳幼児の育児 > メディア社会の子育てについて

ここから本文です。

更新日:2017年2月28日

メディア社会の子育てについて

映像メディアによる子どもへの影響

 

テレビ・ビデオなど、映像メディアは現代生活になくてはならない存在になっています。

乳幼児期の子どもは、身近な人とのかかわり合い、遊びなどの体験を重ねることによって、心と身体を成長させます。

しかし、乳幼児期(特に2歳以下)の子どもが、テレビなどに接触する機会が多いと、運動不足や睡眠不足を招き、何より、親子が顔を合わせて一緒に遊ぶ時間が少なくなるため、親子のコミュニケーション不足が生じます。その結果、子どもの成長を大きく妨げてしまうことがあります。

テレビなどのつけっ放し状態をやめ、親子で会話をしたり、遊んだりして、楽しくふれあう時間をつくりましょう。

詳しくは公益社団法人日本小児科医会のホームページをご覧ください。

公益社団法人日本小児科医会HP(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

福祉保健部健康増進課

富山県高岡市本丸町7-25

電話番号:0766-20-1344

ファックス:0766-20-1347