文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ホーム > 暮らし > 住宅 > ブロック塀の倒壊防止について

ここから本文です。

更新日:2018年6月22日

ブロック塀の倒壊防止について

ブロック塀の倒壊による被害について

平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震では、震度6弱を観測し、この地震の影響で、建物や煙突、ブロック塀等に多数の被害が発生しました。
倒壊したブロック塀は、道路をふさぎ、被災者の避難や救助活動を妨げます。また、昭和53年の宮城県沖地震や平成28年の熊本地震等の過去の地震、そして今回も死傷者を出しています。

安全・安心な生活空間の構築をめざして

ブロック塀については、建築基準法施行令第62条の8や平成12年建設省告示第1355号で基準が設けられています。
建築基準法等の規定を満足するブロック塀は、大きな地震にも耐えることができますが、年数とともに老朽化が生じます。
ブロック塀の維持管理は、所有者、管理者の責任であり、日ごろからの点検により、適正な状態の維持に努めていただき、安全・安心な生活空間の構築をめざしましょう。

点検のチェックポイント

以下の項目を点検し、ひとつでも不適合があれば、危険なので改善しましょう。
まず、外観で1~5をチェックし、ひとつでも不適合がある場合や分からないことがあれば、専門家に相談しましょう。

1.塀は高すぎないか
・塀の高さは地盤から2.2m以下か。

2.塀の厚さは十分か
・塀の厚さは10cm以上か。(塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以上)

3.控え壁はあるか。(塀の高さが1.2m超の場合)
・塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの5分の1以上突出した控え壁があるか。

4.基礎があるか
・コンクリートの基礎があるか。

5.塀は健全か
・塀に傾き、ひび割れはないか。


<専門家に相談しましょう>
6.塀に鉄筋は入っているか
・塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横とも80cm間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか。
・基礎の根入れ深さは30cm以上か。(塀の高さが1.2m超の場合)


詳細は、「ブロック塀の点検のチェックポイント(国土交通省)」をご参照ください。(れんが造、石造等の組積造の塀についてのチェックポイントも記載されていますので、ブロック塀同様に点検を行い、安全確認に努めてください。)

checkpoint

ブロック塀の点検のチェックポイント(国土交通省)(PDF:164KB)

 

また、既存ブロック塀の安全確認については、社団法人全国建築コンクリートブロック工業会のホームページなどで詳しく紹介されています。
既存のブロック塀が傾いたり、ぐらついたり、ひび割れている場合は、建築の専門家や施工業者に相談し、不良な箇所を修繕したり、除去を検討しましょう。




 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市創造部建築政策課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1431

ファックス:0766-20-1477