文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ホーム > 防災・防犯 > 救急・救命 > 気道異物除去の手順

ここから本文です。

更新日:2016年12月16日

気道異物除去の手順

(IRC2015:一般市民用)

気道異物とは、食事中に食べ物が気道に詰まる等の窒息によって息ができなくなった状態です。
いったん起こると、死に至ることも少なくありません。窒息による死亡を減らすためには予防が大切です。
高齢者などでは飲み込む力が弱くなっているので、食べ物を細かく刻む等の工夫や、食事中にむせたら、口の中のものを吐き出せるといったことが重要です。
万一、窒息してしまったら、119番通報をすると、電話を通して対応方法を指導してくれますので、落ち着いて指示に従ってください。

適切な対処の第一歩は、窒息に近づくことです。苦しそう、顔色が悪い、声が出せない、息ができないなどの症状があれば、窒息しているかもしれません。
このような場合には「のどが詰まったの?」と声をかけ、声が出せず、うなずくことしかできない場合は、緊急の処置が必要です。

窒息のサイン

気道閉塞による窒息を示す仕草として、図のような状態を窒息のサインと呼びます。
このサインをしていても、強いせきができる場合は、まだ窒息に至っていません。
自然に異物が排出されることもありますが、大声で助けを求め、注意深く見守りましょう。
しかし、状態が悪化して、せきが弱くなったり、せきが出せなくなったりした場合は、窒息として迅速な対応が必要です。

窒息のサイン

119番通報と異物除去

反応がある場合

窒息と判断し反応がある場合は、119番通報を行い、腹部突き上げ法や背部叩打(こうだ)法を試みます。
腹部突き上げ法と背部叩打法は、その場の状況に応じてやりやすい方法を実施してもかまいませんが、1つの方法を繰り返しても効果がなければ、もう1つの方法に切り替えてください。
異物が取れるか、反応がなくなるまで、2つの方法を数回ずつ繰り返して続けます

腹部突き上げ法

救助者は傷病者の後ろにまわり、ウエスト付近に手を回します。
一方の手でへその位置を確認し、もう一方の手で握りこぶしを作って親指側を傷病者のへその上方で、みぞおちより十分下方に当てます
へそを確認した手で握りこぶしを握り、すばやく手前上方に圧迫するように突き上げます。

腹部突き上げ法を実施した場合は、腹部の内臓を痛める可能性があるため、異物除去後は、救急隊にそのことを伝えるか、すみやかに医師の診察を受けさせることを忘れたてはなりません。

腹部突き上げ法

 

※119番通報をする前に異物が取れた場合でも、医師の診察は必要です。
乳児、明らかに妊娠している女性および高度の肥満者には行いません。背部叩打法のみを行います。

背部叩打法

傷病者が立位または座位の傷病者では、図のように、傷病者の後方から手のひらの基部(手掌基部)で左右の肩甲骨の中間あたりを力強く叩きます

背部叩打法

反応がなくなった場合

傷病者がぐったりして反応がなくなった場合は、心停止に対する心肺蘇生の手順を開始します。まだ通報していなければ、119番通報を行い、心肺蘇生を開始します。

心肺蘇生を行っている途中で異物が見えた場合は、それを取り除きます。見えない場合には、やみくもに口の中に指を入れて探らないでください。また、異物を探すために胸骨圧迫を長く中断しないでください。

<参考>
※乳児に対する異物除去法【乳児(1歳未満)に腹部突き上げ法は行いません】

 

胸部突き上げ法

胸部突き上げ法

背部叩打法

背部叩打法

 

お問い合わせ

消防本部警防課

富山県高岡市広小路5-10

電話番号:0766-22-3133