文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 認知症に関する相談等について

ここから本文です。

更新日:2017年6月21日

認知症に関する相談等について

認知症は、早期判断、早期対応(治療・ケア)が重要です

「もしかしたら認知症・・・?」

気になる方は、ひとりで悩まず、早めに相談・受診されることをお勧めします。

初期の段階で適切な診断・対応を行うことにより、原因によっては治るものがあり、また薬や周囲の適切な対応によって進行を遅らせることができます。

高岡市では、高岡市医師会と地域包括支援センターの連携・協力体制を整え、認知症の早期発見、早期対応、認知症予防等に関する普及啓発等に努めております。

認知症は早期発見、早期治療が大切です。

認知症・地域ケア相談医とは

市内11ヶ所の地域包括支援センターと連携し、認知症の相談等を行い、また認知症の方を支援する事業に協力することを目的に、高岡市医師会が平成24年7月に創設しました。

※高岡市医師会では、「認知症・地域ケア相談医」の趣旨に賛同し協力できる医師を登録しています。

ご相談のある方は、まずは、担当地区の地域包括支援センターにお問い合わせください。

認知症・地域ケア相談医名簿(PDF:121KB)

 

認知症の方の介護・生活等の相談窓口

市内11ヶ所の地域包括支援センター、小規模多機能型居宅介護支援事業所では、認知症の方、その家族の方の生活を支援しています。

認知症の介護についての相談、福祉サービス等の紹介、認知症の予防についての相談・教室などを行っています。

認知症の相談窓口

高岡市認知症初期集中支援チーム推進事業

認知症になっても、住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、なるべく早期に、必要な支援等に繋ぐことができるよう、今年9月に「認知症初期集中支援チーム」を高陵・下関地域包括支援センターに1か所、設置いたしました。

この事業は、認知症の早期発見・早期対応、また重症化を予防するため、かかりつけ医との連携のもと、認知症が疑われる方や認知症の方に対し、専門職がチームになって、早期に集中的に支援を行うものです。チームのメンバーは、認知症・地域ケア相談医、認知症看護認定看護師、社会福祉士の多職種の医療と福祉の専門スタッフで構成しております。

相談の依頼を受けたチーム員は、本人のご自宅を訪問し、必要な医療や介護サービスなど支援の方向性を検討し、各関係機関と連携して必要な支援を行います。

介護サービスの導入や医療の受診につなげ、ケアマネジャー(介護支援専門員)等への引継ぎを行い、初期集中支援を終了します。支援終了後もモニタリングを行い、支援の状況を確認します。

認知症の気になる方、またその支援が困難なケースやご家族がお困りのケースについてお悩みの方は、まずは、お近くの地域包括支援センターにご相談ください。

認知症初期集中支援事業のながれ(PDF:230KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部高齢介護課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1165

ファックス:0766-20-1364