文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > 主治医とケアマネジャーの連携について

ここから本文です。

更新日:2017年8月24日

主治医とケアマネジャーの連携について

[ケアプラン作成]介護保険の申請をして、認定結果が出たらケアマネジャーと相談して、必要なサービスを受けるためのケアプランを作成することになります。

ケアマネジャーの役割とは・・・

ケアマネジャーは、介護保険のサービスを利用したい方からの相談を受けて、利用者の意向や心身の状態を考慮しケアプランを作成します

ケアプランに位置づけるサービスは、利用者の方の自立支援のための、利用者本位のサービス提供を基本としています。

ケアプランを作成するときには、主治医との連携を図りながら、健康管理を含め医学的な観点から、利用者がより安定した生活ができるように支援をします。

主治医との連携について

よりよいケアプランを作成するために、ケアマネジャーが利用者の了解を得て、主治医との連携を図ります。

主治医とケアマネジャーが共有する情報とは?

  • ケアプランの内容や、利用者の生活・介護状況
  • サービスを利用する際の留意点など

主治医・ケアマネジャー連絡票について

主治医とケアマネジャーが連絡を取る際に利用する標準様式として、高岡市医師会と高岡市介護支援事業者部会で連絡票を作成しました。

連絡方法フロー図(PDF:48KB)

主治医とケアマネジャーが効率的に連絡を取るために、目的に応じて2種類あります。

  • 連絡票(1)ケアマネジャーから主治医への報告を目的として連絡する場合
  • 連絡票(2)主治医からケアマネジャーに連絡がある場合

連絡票(ワード:47KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部高齢介護課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1165

ファックス:0766-20-1364