ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > 介護保険制度のご案内 > 介護サービスを利用したときの負担について

ここから本文です。

介護サービスを利用したときの負担について

介護保険のサービスを利用する人は、サービスにかかった費用の1~3割を負担します。

<2割負担対象者>

65歳以上で本人の合計所得金額が160万円以上220万円未満

かつ

年金収入+その他の合計所得金額が、単身で280万円以上の方または65歳以上の方が2人以上いる世帯で346万円以上の方

<3割負担対象者>

65歳以上で本人合計所得金額が220万円以上

かつ

年金収入+その他の合計所得金額が、単身で340万円以上の方または65歳以上の方が2人以上いる世帯で463万円以上の方

 

利用者負担が高額になったときは、こちらです。

介護保険と医療保険の利用者負担額が高額になったときはこちらです。

在宅サービス(居宅サービス区分)の支給限度額(1ヶ月)

介護保険サービスのうち、居宅サービスを利用する際には、要介護状態区分別に、介護保険で利用できる1ヶ月分の上限額(支給限度額)が決められます。

要介護等状態区分

1ヶ月の支給限度額

事業対象者、要支援1

  50,030円

要支援2

104,730円

要介護1 166,920円
要介護2 196,160円

要介護3

269,310円

要介護4

308,060円

要介護5 360,650円

※実際の支給限度額は、金額ではなく単位で決められており、サービス提供事業所の所在地やサービス種類によって1単位あたりの報酬額が異なります。

※表は、利用できる金額の目安として、1単位あたり10円で計算しています。