文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ホーム > 施設案内 > 文化・生涯学習施設 > 伏木北前船資料館

ここから本文です。

更新日:2013年3月23日

伏木北前船資料館

主屋は明治20年(1887)の大火で焼失し、その後もとどおりに建て直されたと伝えられている。土蔵は、江戸時代後期まで建築年代がさかのぼるものと推定される。
主屋は切り妻造り、一部2階建て、妻入りで、梁や束、黒壁の構成が美しいアヅマダチの形式をとっている。内部はオモテザシキやオクザシキ、チャシツなど整った内部構成を持ち、数寄屋風の繊細な造りとなっている。
土蔵は2階建てで、調度蔵と衣装蔵の屋根の上には、港への船の出入りを見張るための望楼が設けられている。
旧秋元家住宅は、民家としては建築年代も古く、かつて北前船で繁栄した伏木海船問屋の数少ない遺構として評価され、平成10年に高岡市指定文化財に指定されている。

施設情報

住所

〒933-0112 富山県高岡市伏木古国府7-49

電話番号

0766-44-3999

ファックス

0766-44-3999

ホームページ

http://www.city.takaoka.toyama.jp/bunkazai/kanko/bunka/shisetsu/kitamaesen.html