文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ホーム > 市政情報 > 広報 > 報道発表 > もっとホット高岡ニュース > 2018年 もっとホット高岡ニュース > 2018年9月 もっとホット高岡ニュース > 手つなぎ、たかぶり、クラフト秋祭り!<日本遺産サミットin高岡>

ここから本文です。

更新日:2018年9月27日

手つなぎ、たかぶり、クラフト秋祭り!<日本遺産サミットin高岡>

土偶づくり

22、23日には、「日本遺産サミットin高岡」がウイング・ウイング高岡で開催され、全国各地から67の日本遺産ストーリーが結集。

今回のサミットは、「体験・体感」がテーマ。
ワークショップで全国各地の日本遺産ストーリーを真剣に、そして楽しく学ぶ姿が多く見られました。

地蔵信仰が残る鳥取県大山町のブースでは、粘土を握ってマイ地蔵をつくる体験です。
作った地蔵は、家のオーブンで焼けばできあがり。

そのほか、高知県から遍路装束の試着体験、佐賀県から備前やきものネイル体験など、30を超えるワークショップが並び、どのワークショップも人気で、来場者はどの体験をしようか迷う姿も見られました。

もちろん、開催地の高岡市では、同日にクラフト市場街などのクラフト系4大イベントがまちなかで開催されていますので、まち全体が大きなワークショップです。

こうした体験・体感を通し、それぞれの地域では、
今に生きる私たちの生き様や生活文化に強く結び付いていることを感じます。

なお高岡市では、第1弾の加賀前田家文化ストーリーに加えて、今年度に北前船のストーリーも追加認定されたところですが、
この2つの日本遺産ストーリーは複雑に絡み合っていて、いまに生きるわれわれの「人」「技」「心」に受け継がれているわけです。

各地の魅力的な歴史・文化をわかりやすく伝える日本遺産ストーリー。
こうした取り組みを通じて、高岡の魅力もどんどん広まっていきます。

山伏し

焼き物ネイル

お問い合わせ

市長政策部広報情報課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1331

ファックス:0766-20-1664