文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ここから本文です。

更新日:2018年6月26日

地域で勝興寺の魅力発信を

発表

24日(日曜日)、「平成の大修理」が進む重要文化財・勝興寺で、今年8月の本坊の一部公開や平成33年春の全面公開を見据え、伏木地区の魅力を発信しようとまちづくりワークショップが開かれました。

寺関係者や地元のまちづくり団体、教育関係者、学生などの参加者約30人は、4グループに分かれ、伏木地区の賑わい創出のため、今年10月の勝興寺を活用したイベントの開催に向けて話し合いをします。

「参道でマルシェや門前市を開いてはどうか」
「音楽ライブや落語など、本堂で開催できないか」
「精進料理を提供できないか」
「お寺に泊まれないか」

など、各々のグループが提案を発表。

どのグループも、勝興寺へ行こう(知ってもらおう)というコンセプトのもと、伏木地区の特性を活かし、地域の魅力をつなぐ提案がなされました。

司会を務めたエピファニーワークスの林口社長は、
「今回の提案を融合し、内容を絞って、実現につなげたい」
と話します。

今回出された共通の提案には、担当者が決められ、実現の可能性を探ることになりました。
今後は、こうした担当者による準備会議を経て、イベントの企画が進められていきます。

地元のみなさんが自ら企画するイベント、今後も注目ですね!

グループワーク

林口さん

お問い合わせ

市長政策部広報情報課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1331

ファックス:0766-20-1664