文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ここから本文です。

更新日:2018年5月29日

こども食堂がやすらぎの場になるように

こどもら

26日(日曜日)、オタヤこども食堂で、女優・紺野美沙子さんが主宰する「朗読座」の公演「お話と音楽と朗読『ベルベットのうさぎ』」が開催されました。

オタヤこども食堂は、孤食を防ぎ、安心して楽しく過ごせるようにと市内の女性有志らが開設しました。
今回は、こうした日々の活動に賛同した、紺野さんが主宰する「朗読座」からのサプライズプレゼント。

当日は、富山を拠点に影絵や人形劇を開催しているジャック・リー・ランアルさんや日本画家の広田郁世さんが影絵を担当し、中村由利子さんのピアノ演奏にあわせて紺野さんの朗読がスタート。

観客席の最前列に並ぶ子どもたちを、心地よいリズムと、素敵な声、かわいらしい影絵で魅了します。
中には、あまりにも穏やかな気持ちでお昼寝タイムになる子どもも。

もちろん、お買い物途中の大人も足を止めてその空間を一緒に楽しみました。

公演を終えて、女優・紺野美沙子さんは、
「子どもの心のよりどころややすらぎになれば」と優しく微笑みます。

市内から参加した親子は、「子育ての交流の場としても、日ごろから子ども食堂を親子で使っています。今日は、紺野美沙子さんの優しさをいっぱいいただきました」と話してくれました。

優しさがどんどん広がり、幸せサプライズが素敵な日ですね!

こんのさん

大人たち

お問い合わせ

市長政策部広報情報課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1331

ファックス:0766-20-1664