文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 医療費助成 > 不育症治療費助成

ここから本文です。

更新日:2017年12月6日

不育症治療費助成

高岡市では、不育症治療を受けられるご夫婦の経済的負担の軽減を図るため、不育症の検査・治療費の一部を助成します。

助成対象者

次の(1)~(4)のすべてを満たす方

(1)法律上の婚姻関係にある夫婦
(2)医療保険に加入している夫婦
(3)対象者及び同一世帯家族に市税等の滞納がないこと
(4)申請日現在において、夫婦の双方またはどちらか一方が高岡市内に1年以上住所を有していること

助成内容

不育症の保険適用の検査、治療費(ヘパリンを主とする治療)に対して、一年度につき30万円を限度に助成します。

※入院時の差額ベッド代、食事療養費及び出産(流産または死産を含む。)等、治療に直接関係のない費用は除きます。
※医療保険給付金等がある場合は、その金額を除きます。
※平成29年4月1日以降に受けた検査、治療が対象となります。

申請方法

医療機関窓口で治療費を支払い、治療終了後、必要書類を持参のうえ、子ども・子育て課へ申請してください。

申請に必要なもの

(1)高岡市不育症治療費助成金交付申請書(ダウンロードできます。)(PDF:153KB)
(2)高岡市不育症治療医療機関受診証明書(ダウンロードできます。)(PDF:113KB)
(3)医療機関発行の領収書及び診療報酬明細書
(4)検査や治療を受けた方の健康保険証
(5)振り込み口座がわかるもの(写し)
(6)印鑑
※夫婦が住所を別にしている場合
 ・戸籍謄本
※医療保険給付金等がある場合
 ・給付金等の金額がわかる書類(写し)

申請期限

不育症の検査および1回の治療が終了した日から6か月以内

※「1回の治療」とは、不育症の診断に係る検査から、1回の妊娠を経てヘパリンを主とした治療を終了するまでであって、医師が認めたものをいいます。
※検査から相当の期間妊娠に至らない場合、検査のみを「1回の治療」として申請することができます。

リーフレット

高岡市不育症治療費助成事業について(ダウンロードできます。)(PDF:193KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部子ども・子育て課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1376

ファックス:0766-20-1665