文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ホーム > よくある質問 > 子どもに関する手当・助成 > こども医療費助成の「福祉医療費請求書」(ピンクの用紙)を使わずに、医療機関で受診しました。医療費助成は受けられますか。

ここから本文です。

更新日:2017年4月3日

こども医療費助成の「福祉医療費請求書」(ピンクの用紙)を使わずに、医療機関で受診しました。医療費助成は受けられますか。

質問

こども医療費助成の「福祉医療費請求書」(ピンクの用紙)を使わずに、医療機関で受診しました。医療費助成は受けられますか。

回答

保険診療の自己負担分については、払い戻し(償還払い)の手続きができます。

次のものをご持参のうえ、窓口へお越しください。

  1. お子さんの健康保険証
  2. こども医療費助成受給資格証(ピンクのカード)
  3. 医療機関発行の領収証原本
    (受診したお子さんのお名前、診療日、診療点数が記載されており、医療機関の領収印が押されているもの)
  4. 振込を希望される金融機関(保護者名義)の通帳またはキャッシュカード

診療月の翌月からの受付となります。

また、医療機関の領収日から2年を過ぎると受付できませんので、ご注意ください。

お手続きは下記の窓口で受け付けております。

  • 子ども・子育て課(本庁)
  • 市民生活課(福岡健康福祉センター内)
  • 三支所(伏木、戸出、中田)

 

お問い合わせ

福祉保健部子ども・子育て課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1381

ファックス:0766-20-1665