文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療制度の給付

ここから本文です。

更新日:2017年8月1日

後期高齢者医療制度の給付

給付

 療養費

やむをえない理由で保険証を持たずに医療機関を受診されたときや、医師が必要と認めたコルセットなどの装具を購入したときなどに申請できます。

【申請に必要なもの】

  • 印鑑
  • 装具装着証明書
  • 領収書

 葬祭費

後期高齢者医療制度に加入していた人が亡くなられた場合に、喪主(葬祭執行者)に対し、申請により3万円支給されます。

【申請に必要なもの】

  • 亡くなった人の保険証
  • 葬儀の会葬礼状、領収書、打ち合わせ表等(喪主の方が分かるもの)
  • 申請者(葬祭執行者)の印鑑
  • 申請者の振込先がわかるもの(預金通帳等)

 高額療養費

1ヶ月(同じ月内)に支払った医療費の自己負担額が定められた限度額を超えた場合、申請により限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。

自己負担限度額(月額)

所得区分

外来の場合(個人単位)

外来+入院(世帯単位)

現役並み所得者

57,600円

80,100円+(医療費-267,000円)×1%※1

一般

14,000円

[年間上限14万4,000円]

57,600円※1

区分2.

8,000円

24,600

区分1.

15,000

※1現役並み所得者及び一般の人が過去12か月以内に、外来+入院の限度額を超える支給を4回以上受けた場合、4回目以降は44,400円となります。

【申請】

高額療養費の申請は、初回のみ必要となります。
2回目以降は、登録されている口座に振り込まれます。

※75歳になった月の自己負担限度額については、それまで加入していた医療保険と後期高齢者医療制度の自己負担限度額が、それぞれの額の2分の1となります。
※1ヶ月の入院または外来(通院)の一部負担が高額となる場合、同一月・同一医療機関の場合に限り、窓口の支払いが自己負担限度額にとどめられます。なお、区分2.・1.の人は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要です。お持ちでない方は、申請により交付されます。

 特定疾病

厚生労働大臣が指定する特定疾病(人工透析が必要な慢性腎不全、先天性血液凝固因子障がいの一部、抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群)の場合の自己負担限度額(月額)は10,000円です。
「特定疾病療養受療証」が必要となりますので、市の手続窓口に申請してください。

【申請に必要なもの】

  • 印鑑
  • 医師の意見書または以前加入していた医療保険の特定疾病受療証

 高額医療・介護合算制度

同一世帯内に後期高齢者医療と介護保険の両方の負担額がある世帯が対象となります。
世帯内の後期高齢者医療制度の被保険者が一年間に支払った医療保険と介護保険の自己負担額を合算し、下記の限度額を超えた場合に、その超えた額が支給されます。

合算する場合の限度額/年額(毎年8月から翌年7月までの間が対象となります。)

所得区分

後期高齢者医療+介護保険の限度額

現役並み所得者

67万円

一般

56万円

区分2.

31万円

区分1.

19万円

医療費または介護サービス費のどちらかの自己負担額が0円の場合は対象外となります。
支給額が500円以下の場合は支給されません。

 入院したときの食事代

入院したときは、一食あたり次の標準負担額を自己負担します。
区分2.、区分1.の人は、入院の際に「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、市の最寄の窓口に申請してください。

入院食事代の標準負担額

所得区分

食費(1食あたり)

現役並み所得者・一般

360

区分2.

90日までの入院

210

過去12カ月で90日を超える入院※2

160

区分1.

100

※区分2.の認定期間中に90日を超える入院をしている場合、別途申請することにより適用されます。

【申請に必要なもの】

  • 印鑑
  • 入院日数の分かるもの(領収書等)

 第三者行為損害

交通事故など、誰か(第三者)の行為によりけがをした場合、後期高齢者医療制度により治療を受けるときは届出が必要です。
このような場合の治療費(医療費)は、けがをさせた人(加害者)が全額を負担しなければなりませんが、一時的に広域連合が治療費を立て替え、後日加害者に請求することになります。必ず被害届を提出してください。

 健診

健康診査

後期高齢者医療制度加入の人を対象に、健康診査を実施します。
毎年度、5月~7月の間に75歳になり、後期高齢者医療制度に加入される人を含みます。

人間ドック助成

後期高齢者医療制度に加入の人を対象に、人間ドックの助成を行います。

 

お問い合わせ

福祉保健部保険年金課 担当名:後期高齢者医療

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1481

ファックス:0766-20-1649