文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ここから本文です。

更新日:2016年2月25日

菅かさの作り方

国重要無形民俗文化財に指定されている福岡町特産の菅かさ。地域の歴史や風土に触れて、菅かさを実際につくってみませんか。

準備するもの

用意する材料(1人分)

  • かさ骨(カサボネ)1個
  • かさ紙(カサガミ)1枚
  • 小骨(コボネ)1本
  • かさ糸(カサイト)1巻
  • 菅(スゲ)1束

用意する道具

  • カサボンコ1個
  • スゲサシ(サシビラ)1本
  • コマ1本
  • スゲコキ(コキビラ)1本
  • かさ針(カサバリ)1本
  • 指ぬき(ユビハメ)1個

このほかに、次のものを準備してください。

  • ハサミ
  • 包丁
  • 霧吹き
  • 手ぬぐい
  • ビニール袋

※スゲは、かさ縫いをする前日に水道水で濡らし、立て掛けておきましょう。

スゲサシ

スゲを用途に応じて長さをそろえ、引き裂きます。

シカケ(ハサンケ)

かさの裏面をつくります。

ノズケ

かさの表面になるオヤスゲをとりつけます。

スゲコキ

ノズケしたオヤスゲに光沢をだし、柔らかくします。

かさ縫い

かさの表面を縫い上げていきます。

ズキドメ(シッタッタン)

かさ頂部の仕上げをします。

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会福岡教育行政センター

富山県高岡市福岡町大滝44

電話番号:0766-64-1436